”好きな映画をロードショー公開された月日に合わせて鑑賞することで当時の季節感を追体験してみたい”という趣旨で開催しております金曜夜のアルック座。

 昨日は貸切営業だったため、土曜の今夜に繰り越してお送りするのは、ジャン=マルク・ヴァレ監督作「カフェ・ド・フルール」。
 6年前の2011年11月18日公開(仏)されました。


【1969年フランス・パリ】
美容師のジャクリーヌ(ヴァネッサ・パラディ)はダウン症の息子ローラン(マラン・ゲリエ)を女手ひとつで育てるシングルマザー。普通の子と同じ学校に通わせ、普通の子と同じように習い事をさせる。それが彼女にとっての生き甲斐だった。ある日、ローランのクラスに同じダウン症の女の子ヴェラが転校してくる。お互いに惹かれあうローランとヴェラ。片時も離れたがらない二人のことを周囲は問題視する。学校側からローランを専用施設に入れるよう打診されたジャクリーヌは、普通の子と同じように育てたい一心でその提案をはねつけるのだった。

【現代モントリオール】
DJのアントワーヌ(ケヴィン・パラン)は40代。今まさに幸福な人生を謳歌していた。音楽で成功し、体は健康そのもの。両親は健在で二人の娘にも恵まれた。娘の母親とは2年前に離婚し、今は恋人ローズ(エヴリーヌ・ブロシュ)と熱愛中だ。一方、前妻のキャロル(エレーヌ・フローラン)はアントワーヌとの離婚から今も立ち直れずにいた。アントワーヌこそが運命の相手だと信じる彼女は、未だにアントワーヌの心変わりが信じられずにいた。夜中になると夢遊病のように徘徊しだすキャロル。娘達は母を心配し、新しい愛に浮かれているアントワーヌに反発していた。

1960年代のパリと現代のモントリオール。決して交わることのない二つの時代を生きる母と息子、ひと目で惹かれあった男と女。2つの人生が時を超えてつながる……

 いつものように夜7時くらいからゆるくスタート。
 お楽しみに。

a0187509_21562166.jpg








[PR]

 ”好きな映画をロードショー公開された月日に合わせて鑑賞することで当時の季節感を追体験してみたい”という趣旨で開催しております金曜夜のアルック座。

 昨日は祝日でおやすみをいただいたため、土曜の今夜に繰り越してお送りするのは、クロード・ソーテ監督作「ギャルソン!」。
 34年前の1983年11月9日公開(仏)されました。


パリのとあるブラッスリー。そこでチーフ・ウェイターとして働くギャルソン、アレックス(イヴ・モンタン)は、海辺のリゾートに子供たちのための遊園地を作るのを将来の目的として、日夜はげんでいるやもめ暮らしの中年男だ。しかし、資金作りのために働いても働いても、金は思うようには集まらない。彼には資金作りの頼りでもある、グロリア(ロージー・ヴァルト)という金持ちのパトロンがいる。アレックスの心をつなぎとめようとグロリアの方は必死だが、彼の方は逃げ腰だ。ある日彼は、バッタリ昔の恋人クレール(ニコール・ガルシア)と再会、再び熱くなるアレックスだったが...。

 いつものように夜7時くらいからゆるくスタート。
 お楽しみに。
a0187509_16034215.jpg








[PR]
 金曜の夜は、”好きな映画をロードショー公開された月日に合わせて鑑賞することで当時の季節感を追体験してみたい”店主独断のムービータイム!
 ですが、
 週一本ロードショー公開日に照らし合わせてセレクトしていくと、どうしても漏れてしまうお気に入りの映画が出てきます。
 というわけで、
 食材も充実してくる実りの10月は、土曜日にもはみ出しアルック座!
 「食」にフォーカスしたドキュメンタリー映画特集をお送りします。
 第四週目は、トーマス・ジャクソン監督他の「99分,世界美味めぐり」。
 1年前の2016年1月に公開(日)されました。


最高のひと皿を求めて地球中を巡りSNSで情報発信する「フーディーズ」の中でも美食家の最高峰と名高い5人が案内役を務め、ニューヨークやコペンハーゲンにある最先端の星つき人気レストランから中国の歴史が凝縮された料理まで、全29店を取材。カリスマシェフからも厚い信頼を寄せられる彼らのおかげで、本来なら取材お断りの店にも潜入し、撮影厳禁な究極の料理の数々を初めてカメラに収めることに成功した。(映画.COMより抜粋

 
 今夜は、アマデュオスさんのライブがあるので、お昼開店より夕方までムービータイムといたします。
 お楽しみに。

a0187509_16360232.jpg








[PR]
 ”好きな映画をロードショー公開された月日に合わせて鑑賞することで当時の季節感を追体験してみたい”シリーズ!
 というわけで、今夜のアルック座は、フィリップ・カウフマン監督「ライトスタッフ」。
 34年前の1983年10月21日に公開されました。

 
 NASAという機関が設立されたいきさつをご存じでしょうか?
 米ソ冷戦時代の最中、世界初の人工衛星打ち上げでライバル国に後塵を拝し、宇宙開発競争でさらなる後れをとることが許されなかったからなんです。
 すぐさま、マーキュリー計画をスタートさせたアメリカでしたが、有人宇宙飛行においても、ソ連に出し抜かれることになり、焦りはピークに...。

 この映画の骨子は、NASAによって選抜されたアメリカ初のアストロノーツ7人(マーキュリーセブン)が「宇宙(そら)」を目指す物語と、一流の腕をもちながらも選抜から漏れ、それでも、ロケット機で音速記録更新に挑み、「空(そら)」を目指したテストパイロット、チャック・イエーガーの物語。
 名声や世間からの注目という観点からは明暗分かれた両者でありますが、監督のフィリップ・カウフマンは、各々の「ライトスタッフ(己にしかない正しい資質)」に従い命がけで「そら」に向かった勇者として等しく讃える演出を施しております。

 サム・シェパード演じるイエーガーが、コントロールを失うまでぎりぎり機体を駆って最高高々度記録を狙う場面は、この映画が好きな人皆さんが挙げられる印象的なシーンの一つ。
 重力に抗えず地上に引き戻される寸前、彼の眼には成層圏に広がる星空が刹那に映ります。
 彼なりの流儀で、マーキュリーセブンたちと同じ場所に到達した瞬間でありました。

 ラストに流れるビル・コンティの勇ましいテーマ曲がまた、この壮大なドラマをさらなる高みへ押し上げ、3時間という長尺に対する論議も吹き飛ばしてしまうかのよう。
 宇宙開発史を観ていたはずなのに、いつの間にか、匂い立つようなダンディズムに酔っているというある意味ユニークな本作。
 男子はもちろん、男のロマンを垣間見たい女子にもおすすめ。
 カウフマン監督の最高傑作、どうぞご堪能あれ。

 いつものように、夜7時くらいからゆるくスタートです。
 お楽しみに。

a0187509_14035216.jpg







[PR]
 毎月最終土曜の夜恒例、アルック・プレゼンツ・”アマデュオス”ボサノバ投銭ライブを週末28日に開催します!
 
 3回ステージ(演目は各回変わります)で、1st・PM7時 2nd・PM8時 3rd・PM9時、それぞれスタート。
 ワンステージだけでも、通しで全部聴かれても、お客様次第でOK。

 元々ノンチャージの当店ですが、ライブも席料等はございません。
 ただし、彼らの演奏を聴かれて応援したくなったお客さまのために、投銭入れをご用意いたしますので、お会計の際チャリ~ンと入れていただければ幸いです。

 深まりゆく秋の夜、荻窪のちいさなカフェで、ボサノバ・ギターの調べをごゆるりとお楽しみください。


 【お問合せ・ご予約】080・2331・7608(カフェ専用携帯)







[PR]
 金曜の夜は、”好きな映画をロードショー公開された月日に合わせて鑑賞することで当時の季節感を追体験してみたい”店主独断のムービータイム!
 ですが、
 週一本ロードショー公開日に照らし合わせてセレクトしていくと、どうしても漏れてしまうお気に入りの映画が出てきます。
 というわけで、
 食材も充実してくる実りの10月は、土曜の夜もアルック座!
 「食」にフォーカスしたドキュメンタリー映画特集をお送りします。
 第三週目は、「ア・フィルム・アバウト・コーヒー」。
 2年前の2015年12月に公開(日)されました。

わたしたちの暮らしに欠かすことができなくなった“コーヒー"。あの赤い果実がどのようにして、目覚めの一杯になるのだろうか?生産、豆の選定、精製、焙煎、抽出……普段目にすることがないコーヒー豆たちのはるかなる冒険譚、Seed to Cup(種からカップまで)を、本作は美しい映像で描きだす。ニューヨーク、サンフランシスコ、ポートランド、シアトル、そして東京。コーヒーカルチャーを牽引する5つの都市で活躍する、今、最も重要なコーヒーのプロフェッショナルたちをカメラは追う。
この世界を席巻するコーヒーカルチャーの新潮流を描いたドキュメンタリーを手がけたのは、自らもコーヒーギークであるブランドン・ローパー監督。コーヒーへの深い愛情が育んだ本作は、琥珀色の神秘の液体の奥深い世界へいざなう招待状。観た後は、コーヒーがより身近に、より愛しく思えるだろう。(アマゾンより抜粋)

a0187509_14540119.jpg




[PR]

 ”好きな映画をロードショー公開された月日に合わせて鑑賞することで当時の季節感を追体験してみたい”シリーズ!
 というわけで、今夜のアルック座は、ソフィア・コッポラ監督作「マリー・アントワネット」。
 11年前の2006年10月20日公開(米国)されました。


1769年、オーストリア皇女マリア・アントニアは、オーストリアとフランスの同盟関係強化の一策として、母マリア・テレジアの命によってフランス王室に嫁ぐことになった。しかし当初、性的機能に不都合のあったルイ16世との夫婦生活はなく、「オーストリア女」とよそ者扱いされ、「不妊症かしら」と陰口を叩かれるにつき、結婚生活にストレスを抱えた彼女は次第にパーティーやギャンブル、ドレスや靴のショッピングなど浪費に楽しみに傾斜していくことになる。兄ヨーゼフ2世の助言により、子供に恵まれたアントワネットは、田舎風の穏やかな暮らしを愛し、宮廷から逃れ、離宮で娘や親しい友人とともに過ごすようになる。やがてフランスではアメリカ独立戦争への援助をきっかけに国の財政が窮乏し始め、民衆の不満の矛先は豪奢な生活を送るマリー・アントワネットに向けられる... (ウィキペディアより抜粋)


a0187509_14213313.jpg








[PR]
 金曜の夜は、”好きな映画をロードショー公開された月日に合わせて鑑賞することで当時の季節感を追体験してみたい”店主独断のムービータイム!
 ですが、
 週一本ロードショー公開日に照らし合わせてセレクトしていくと、どうしても漏れてしまうお気に入りの映画が出てきます。
 というわけで、
 食材も充実してくる実りの10月は、土曜の夜もアルック座!
 「食」にフォーカスしたドキュメンタリー映画特集をお送りします。
 第二週目は、「ノーマ、世界を変える料理」。
 2年前の2015年11月に公開(デンマーク)されました。

独創的な料理の数々で世界から注目を集めるデンマーク、コペンハーゲンの人気レストラン「NOMA(ノーマ)」のオーナーシェフ、レネ・レゼピを追ったドキュメンタリー。英レストラン誌が選出する「世界ベストレストラン50」で2010年から3年連続1位に輝いたものの、2013年に2位に転落した同店が、第1位への返り咲きを目指す4年間の記録。(映画.comより抜粋)

 レストラン業界のアカデミー賞とも評される「世界ベストレストラン50」。
 その影響力たるや、国家の観光競争力ランキングをも押し上げるといわれ、今やトップシェフたちがミシュランの格付け以上に意識する「番付」になっているとのこと。
 本作の主人公は、そのランキングにおいて、3年連続1位に輝いたレストランのカリスマシェフであります。
 レストラン業の裏側を描いたドキュメンタリーとしては、やはり、世界の料理業界に多大なるインパクトを与えたスペインの今は亡きエル・ブリに潜入した「エル・ブリの秘密」がありますが、食事を提供することを生業にしている端くれとしては、この「ノーマ」もまた、大いに面白く観ることができました。
 両作を比較すると、「エル・ブリ」がレストランのラボラトリー然とした無機質なバックヤードを執拗にカメラで追いかけていたのに対して、「ノーマ」は加えて、スターシェフ、レネの人間像を、彼自身や彼の家族、そして食材提供者等へのインタヴューから浮彫にしてみせます。
 32歳という若さで頂点に立ってしまった自分自身のことを、「嫌な男に成り下がってしまった」と断ずるレネ。
 ノーマが掲げたスカンジナビア限定の食材を使ったレシピの創造というコンセプトは、北欧の料理人たちに徐々に伝播していき、食のトレンド「ニューノルディック・キュイジーヌ」の開花に至りました。そんな北欧における華やかなる食の革命の裏側に、マケドニアにルーツをもつ一人の男の苦悩の道程があったことを本作は実直に告白しているわけであります。

 ちなみに、レネ・レぜピは、「世界ベストレストラン」1位に5度輝いたエル・ブリのOB。
 現在の北欧料理界の隆盛を予言したのは、エル・ブリ料理長、フェラン・アドリアその人であったといいます。

 いつものように夜7時くらいからゆるくスタートです。
 お楽しみに。

a0187509_05305171.jpg









 

[PR]
 ”好きな映画をロードショー公開された月日に合わせて鑑賞することで当時の季節感を追体験してみたい”シリーズ!
 というわけで、今夜のアルック座は、「ある日どこかで」。
 37年前の1980年10月3日公開(米国)されました。
 
 ロシアロマン派の代表的な作曲家、セルゲイ・ラフマニノフの作品に、「パガニーニの主題による狂詩曲」というのがあります。
 25部の変奏曲から成る狂詩曲中、単独で演奏されることも多い有名なパートが第18変奏。
 映画「ある日どこかで」は、まさしくこの第18変奏が、ストーリーの重要な鍵に...。
 

1972年、脚本家志望のリチャードの処女作上演後のパーティー会場に、成功を喜ぶ彼を会場の隅から見ている上品な老女がいた。彼女はリチャードに歩み寄り、「私の所へ帰ってきて(Come back to me)」と言う不思議な言葉と共に懐中時計を手渡し去っていった。彼女が何者なのか知っている者は誰一人としていなかった。彼女はグランドホテルの自室に戻り、リチャードの書いた脚本を胸に抱いて、思い出のラフマニノフの曲を聴きながら、その夜静かに息を引き取った。8年後の1980年、脚本家となっていたリチャードは、原稿を求めに来る編集者から逃げるように、車で旅に出た。そしてドライブの途中で通りかかったグランド・ホテルに、引き寄せられたかのように宿泊した。ふと立ち寄ったホテル内の歴史資料室で、リチャードは背中に熱い視線を感じた。振り返ってみると、そこには若く美しい女性の写真が掛かっていた。ホテルの老ボーイに尋ねると、彼女はそのホテル内の劇場で1912年に公演をした女優であることを知る。リチャードは彼女についての調査に没頭し、写真の主は当時の人気女優エリーズ・マッケナであり、1912年以降活動しなくなったことを知る。また1972年のあの夜に彼女が亡くなったことも知る。そして、彼女の愛読書がリチャードの哲学教師の著書である「時の流れを超えて」であることに驚き、ここで「帰ってきて」の意味を悟った。当然のように、リチャードは「時間」という壁にぶつかってしまった。それからリチャードが取った行動は、運命の人を求めての、信じられない旅立ちだった。(ウィキペディアより抜粋加筆)

 本作をカテゴライズすると、一般的にはタイムトラベルものということになってしまうのでしょうが、リチャードとエリーズの悲恋物語というのが本筋でありましょう。
 実は、時空を超える手段としてタイムマシンの類は登場しません。
 まさに、恋する男の一念岩をも通す。リチャードの涙ぐましい努力は、作中でご覧になってください。
 
 さて、ラフマニノフが、「パガニーニの主題による狂詩曲」を発表したのは、1934年のこと。
 リチャードとエリーズが出会うのが1912年ですから、1980年から遡って飛来した未来人?リチャードが鼻歌で唄うラフマニノフの同曲は、エリーズにとっては未知の曲だったということになります。
 映画には描かれておりませんが、やがて発表された同曲を聴くことになるエリーズの驚嘆は想像に難くありません。
 タイムトラベル特有のこういった「矛盾」が、後々「筋が通る」鍵にもなるというパターンはよくありますが、ストーリーの整合性がとれた途端の爽快感はやっぱりたまりません。
 本作では、それをラフマニノフに設定しているあたりが心憎いわけです。

 リチャードを演じるのは、あのクリストファー・リーブ。
 1995年、落馬によって事実上役者生命を絶たれる障害を負ってしまったことが悔やまれる溌剌とした演技が光る本作や、名優マイケル・ケインと渡り合った良質なサスペンス「デストラップ」を観るにつけ、彼がただの肉体派のスーパーマン俳優に甘んじる器でなかったことがよくわかります。

 本作のロケ地は、そのほとんどが、アメリカ、ミシガン州ヒューロン湖に浮かぶリゾート地マキノ―島。

 リチャードとエリーズが出会う19世紀の面影たっぷりのホテルは、それもその筈、マキノー島に実在する1887開業の木造建築ホテルです。

 そして今や、「ある日どこかで」にちなんだイベント「Somewhere in Time(本作原題) Weekend」が毎年開催される本作を熱狂的に愛するファンにとっての聖地でもあります。

 いつものように夜7時くらいからゆるくスタートです。
 お楽しみに。

a0187509_19513649.jpg





 
[PR]
 金曜の夜は、”好きな映画をロードショー公開された月日に合わせて鑑賞することで当時の季節感を追体験してみたい”店主独断のムービータイム!
 ですが、
 週一本ロードショー公開日に照らし合わせてセレクトしていくと、どうしても漏れてしまうお気に入りの映画が出てきます。
 というわけで、
 食材も充実してくる実りの10月は、土曜の夜もアルック座!
 「食」にフォーカスしたドキュメンタリー映画特集をお送りします。
 第一週目は、グルメ・ドキュメントのはしり、「エル・ブリの秘密」。
 2011年7月27日に公開されました。

 2011年に惜しまれつつ閉店したスペインの三ツ星レストラン「エル・ブリ」の裏側に迫ったドキュメンタリー。1年のうち半年しか営業せず、お客は1日50人のみという世界一予約の取れないレストラン「エル・ブリ」のバックヤードに密着する。(DMM.comより)

 エル・ブリの存在を知ったのは、何かの雑誌記事だったと思います。
 裏憶えですが、エスプーマを利用した泡状ムースと貝殻をあしらったロマンティックな一皿が誌面を大きく飾っておりました。
 ガスを使ってあらゆる食材をあわあわにできるこのエスプーマ調理法にも驚きましたが、お皿と一緒にサーブされるというiPodにはぶっ飛びました。ゲストはイヤホンから流れる波の音に海の記憶を呼び起されつつ料理を食するという趣向。
 アイディアの使いまわしは行わないポリシーですから、この「iPod添え」もこれっきりだったのでしょうが、以来このレストランの妖しさ?はしっかり脳裏に刻み込まれ、2009年に撮影された本作で惜しげもなく明かされる「世界一のレストランの秘密」には、終始口あんぐり。
 100年後の食のトレンドを覗いているようなショック症状に見舞われたといったら大げさでしょうか。

 ここに、エル・ブリにまつわる数字を並べてみました。

 
 15
 - 一日のテーブル数
 50 - 一日のゲスト数
 160 - 営業日数
 8,000 - 年間のゲスト数
 7-20,000 - エル・ブリで食事をするためにゲストが旅するキロメートル数
 70 - ハイシーズンに働くスタッフ数
 40 - シェフの数
 26 - ホールで働く人の数
 8 - ウェイターひとり当たりの一日の歩行キロメートル数
 11,200 - 年間のスタッフの賄い料理の数
 12,000 - 海側の土地の平方メートル数
 80 - テラスの平方メートル数
 350 - 厨房のスペースの平方メートル数
 250 - ホールのスペースの平方メートル数
 200€ - 2008年時、一回の食事にかかる費用
 230€ - 2008年時、ドリンクを含むひとり当たりの費用(平均)
 170-200 - メニューにある素材の数
 1,500 - 一日にサーブされるカクテル、スナック、タパス料理、アヴァン・デセール、デザート、モーフィングの数
 700 - ゲストひとりの一皿ごとの料理のグラム数
 5,600 - 年間消費される食料の総量となるキログラム数
 200 - 毎晩厨房で使用されるキッチンクロスとエプロンの数
 1,000 - 毎晩使用される食器の数
 10,000 - 年間開けられるボトル数
 55 - ガラス製品の種類数
 750 - レストランで一日に使いまわすグラスの数
 1,666 - レストランにあるワイン数
 40 - ヴィンテージの種類の数
 216 - ぶどうの種類の数
 325 - ワインリストにあるDOCの種類の数
 2 - ワイン熟成貯蔵庫の数
 4,000 - 年間の創作のために費やす時間数 (”エル・ブリの一日”より)


 興味深いもの、そうでもないもの、いろいろですが、このレストランの特異性は、ホールの1.4倍もの厨房の広さにも現れていると思います。
 到着したゲストが真っ先に案内されるのは、厨房!
 レストランの常識的には隠したがるスペースをエル・ブリでは御開帳していたというわけです。
 料理長フェラン・アドリアとの握手やらで歓待されたゲストには、食後に再び厨房でのお別れのセレモニーが待っています。
 ハイテックで整然なる厨房を舞台にしたスタッフたちの統率のとれた動きは、それ自体見ものでしょうし、めくるめくアート作品のようなコース料理への期待感はここで否応なしに高まるでしょうね。

 いつものように午後7時くらいからゆるくスタート!
 お楽しみに。

a0187509_16251186.jpg







[PR]