人気ブログランキング |
 ”好きな映画がロードショー公開された月日に合わせて鑑賞することで当時の季節感を追体験してみたい”シリーズ!
 というわけで、今夜のアルック座は、コーエン兄弟監督作「インサイド・ルーウィン・ディヴィス 名もなき男の歌」。
(先週機材の不調につき、今週再度鑑賞仕切り直しです。)
 6年前の2013年12月6日に公開されました。


1961年、NYのグリニッジ・ヴィレッジ。ライブハウスで歌うフォーク・シンガーのルーウィン・デイヴィスは、最近何をやっても裏目に出てばかり。一文無しで知り合いの家を泊まり歩く日々。つい手を出した女友達からは妊娠したことを告げられ、おまけに仕方なく預かるはめになった猫にも振り回される始末。山積みになったトラブルから逃げ出すようにルーウィンはギターと猫を抱えて旅に出る。年老いた父との再会の末、とうとう歌をやめて父と同じ船員に戻ろうと決意するが、それさえもうまくいかない。旅から戻り打ち拉がれたルーウィンはまたNYのライブハウスにいた。歌い終えたルーウィンがふとステージに目をやると、そこにはやがてフォークの世界を大きく変えることになる無造作な身なりの若者の姿が...(公式サイトから抜粋)

 ディラン以前のフォーク・シンガーというと、ウディ・ガスリーやピート・シーガーくらいしか名前が出てきませんが、本作主人公のルーウィンにはモデルがおりまして、そのディランが駆け出しの頃憧れていたというデイヴ・ヴァン・ロンクなるフォーク歌手がその人。
 この人物の回顧録を下敷きに、コーエン兄弟が脚本を書き、監督したのが本作になります。

 1961年のNY、フォーク・クラブのメッカだったグリニッジ・ビレッジが舞台というのがまず興味深いですね。
 となると、ほどなくして時代の寵児になるボブ・ディラン寄りに焦点をあてたくなるところですが、そのディランと入れ替わるように人々の記憶から失われていった彼の5歳年上となる先輩ミュージシャンをモデルにして主人公を創造したあたりがコーエン兄弟らしいところ。
 時代の変わり目には、突然スポットライトを独り占めにするものが現れる一方で、舞台上からそっと袖に消えるものもいるということであります。
 また本作で特筆すべきは、撮影が「アメリ」を撮ったブリュノ・デルボネル。
 このセザール賞(フランスのアカデミー賞)を獲ったフランス人カメラマンが、冬のグリニッジ・ビレッジをどんな風に切り取って魅せてくれるのかは要注目です。
 

 あと、音楽を軸にした映画にありがちなのは、演奏シーンをおろそかにして完成度がガクンと下がってしまうという問題でありますが、本作については心配いりません。
 ルーウィン演じるオスカー・アイザックの歌とギターは玄人はだしの見事な腕前。
 実は彼、ジュリアード音楽院卒という経歴を持っているので、それも納得の業であります。

   
 いつものように、夜7時くらいからゆるくスタート。
 お楽しみに。

a0187509_18261586.jpg






 毎月最終土曜の夜恒例、アルック・プレゼンツ・”アマデュオス”ボサノバ投銭ライブを週末30日に開催します!
 
 3回ステージ(演目は各回変わります)で、1st・PM7時 2nd・PM8時 3rd・PM9時、それぞれスタート。
 ワンステージだけでも、通しで全部聴かれても、お客様次第でOK。
 いつものように、アマデュオスの二人が客席のまん真ん中に腰掛け演奏いたします。
 マイクを介さずすぐ傍らで鳴り響くギターの生音のすばらしさをご堪能ください。

 元々ノンチャージの当店ですが、今回も席料等はございません。
 ただし、彼らの演奏を聴かれて応援したくなったお客さまのために?、投銭入れをご用意いたしますので、お会計の際チャリ~ンと入れていただければ幸いです。

 晩秋の夜、荻窪のちいさなカフェで、ボサノバ・ギターの調べをごゆるりとお楽しみください。


【アマデュオス・プロフィール】
 ガットギター2本だけで演奏する男女インストゥルメンタル二重奏ユニット
 2008年より首都圏のカフェ、バー、レストランに於ける演奏活動を開始
 生ギターの音色を大切にし、心地良く優しいサウンド空間を演出することを心がけている
 主な演奏レパートリーはボサノヴァの他、国内外のポップス、映画音楽、日本の愛唱歌など多ジャンルにわたる
 
【お問合せ・ご予約】050・5438・2276(カフェ専用携帯)







 朝、スキポール空港駅から、オランダ鉄道でデン・ハーグへ。
 途中窓から遠くに風車が見えたりするオランダ的田園風景をのんびり眺めながら約40分ほどで到着。
 
店主の海外わび住まい日記【2019アムステルダム編】 2日目(その1)_a0187509_17180426.jpg
 デン・ハーグ駅です。
 国会議事堂、王宮、国際司法裁判所等があったりする、政治の中枢を担うオランダで3番目に大きな都市。
 フェルメールを所蔵するマウリッツハイス王立美術館はこの街にあります。
 



店主の海外わび住まい日記【2019アムステルダム編】 2日目(その1)_a0187509_17180569.jpg
 駅から徒歩10分。
 着きました。マウリッツハイスです。
 屋根にはオランダ王室の紋章が。



店主の海外わび住まい日記【2019アムステルダム編】 2日目(その1)_a0187509_17180074.jpg
 さて、
 この画はフェルメール...ではありません。
 その対面前に観ておきたかった画。
 フェルメールの師匠であったかもしれないとされるカレル・ファブリティウスの「ゴシキヒワ」です。
 この二人、共にハーグの隣町デルフトで画業に勤しんでおったのですが、1654年弾薬庫の爆発事故に巻き込まれ、ファブリティウスは32歳という若さで非業の死を遂げます。
 ファブリティウスはデルフトに移り住む前、アムステルダムのレンブラント工房で画を学びましたから、ひょっとすると、フェルメールはレンブラントの孫弟子という可能性もあったりします。
 もっとも、ファブリティウス自身が独立後は独自の画風に行き着いておりますので、レンブラントとフェルメールの画風に共通点は当然皆無であります。 



店主の海外わび住まい日記【2019アムステルダム編】 2日目(その1)_a0187509_17180231.jpg
 いよいよ、店主フェルメールの間に入場。
 北のモナ・リザこと、「真珠の耳飾りの少女」です。
 マウリッツハイス大改修に伴った2012年を最後に過去3度来日したこのオランダの至宝も、今では貸し出し禁止扱いになったとのことです。
 2000年の来日時には、店主も新幹線で大阪まではせ参じましたが、今後はこの度のように空路オランダまで来なければ、この少女の魔法の眼差しを拝むことは叶わなくなりました。



店主の海外わび住まい日記【2019アムステルダム編】 2日目(その1)_a0187509_17180201.jpg
 「真珠の耳飾りの少女」とともに、2012年来日した「ディアナとニンフたち」。
 フェルメール初期の神話画です。
 実は、1968年初めて日本にやってきた記念碑的フェルメール作品がこの画。
 最多来日数4度を誇る?画でもあります。



店主の海外わび住まい日記【2019アムステルダム編】 2日目(その1)_a0187509_17180181.jpg
 いよいよ店主にとって、今回のオランダ行きのメインイベント、「デルフトの眺望」とのご対面。
 フェルメールが、ホームタウンであるデルフトの街並みを川の対岸から描いた絵です。
 雨が降り止み、雲間から陽光が街に差し込んだ刹那であることが、その明暗のコントラストでわかります。
 フランスの文豪マルセル・プルーストが、友人に宛てた手紙のなかで「この世で最も美しい画」と評したのは有名な話。
 店主がこの画を「死ぬまでに観てみたい画」と心に留め置いてあったのは、このプルーストの逸話とともに、マウリッツハイスから貸し出されたことがない門外不出の画と聞いていたこともあったからです。
 ところが、よくよく調べてみますと、1921年から1996年まで計7回門外(国内2回、パリ3回、ロンドン、ワシントン各1回)に出ておりました。
 プルーストは、1902年にここマウリッツハイスで初めて「デルフトの眺望」を観ており、初の貸し出しとなる1921年パリの展覧会で再び眼にしております。

店主の海外わび住まい日記【2019アムステルダム編】 2日目(その1)_a0187509_18585213.jpg
 観光客の一団は、やはり人気の「真珠の耳飾りの少女」に群がることがお定まりのようで、店主にとっては「デルフトの眺望」を独り占めする瞬間を好きなだけ重ねられる嘘のような至福のひと時となりました。
 
店主の海外わび住まい日記【2019アムステルダム編】 2日目(その1)_a0187509_17180367.jpg
 よくいわれてることですが、この画にはフェルメールの別の名画の登場人物がさり気なく描かれております。
 画左下の対岸に小さく描かれた人々のうちの一人の女性に注目。
 白の頭巾、イエローのトップス、ブルーのスカート。
 そう、アムステルダム国立美術館にある「牛乳を注ぐ女」です。
 この日は、仕事の合間に川向うで井戸端会議ということでしょうか?
 フェルメールのこの仕業。
 果たして、確信犯なのか、偶然なのか。

 次回も、2日目続きます。





 
 
 

# by arkku | 2019-11-24 11:24 | 雑記
店主の海外わび住まい日記【2019アムステルダム編】 1日目_a0187509_22414750.jpg
 こちらは、アムステルダムのスキポール空港。
 いきなりですが6月下旬、店主はこの地に降り立つ旅程にありました。
 店主といえば、GWにNYに行ってなかったっけ?という声が聞こえてきそうですが、さほど間を置かずに海外渡航を決行したきっかけは昨年にさかのぼります。
 
 アムステルダムは大学生のとき以来ですので、三十数年振りの再訪。
 このとき、アムステルダム国立美術館でフェルメールとの初邂逅後、機会があるごとに国内外でこのオランダが誇る超人気画家の画をいろいろ観てまいりましたが、唯一海外への貸し出しが叶わない作品がデンハーグにあるフェルメール最高傑作「デルフトの眺望」。
 店主はかねてから、この画を死ぬまでに観ておきたい一枚として心に留め置いておったのですが、なんと去年、店主に先んじてこの画を観てしまうという暴挙?に出たのがうちの嫁さん。
 しかも、6月の出張のついでに続き、8月の母子での旅行途中にも。
 地の果てにあるとも思われた店主憧れの画を、彼女はあっさり2度にわたって観たわけです。
 これはくやしいー。
 当の嫁さん曰く苦も無く案内できるというし、「じゃあ、この際観に行っちゃおう」ということになったのでありました。


店主の海外わび住まい日記【2019アムステルダム編】 1日目_a0187509_22414815.jpg
 いろんなところで進歩的なお国柄のオランダ。
 噂どおり、タクシーはテスラ社製。


店主の海外わび住まい日記【2019アムステルダム編】 1日目_a0187509_22414916.jpg
 最初の2泊は空港近くのホテル泊り。
 旅の後半は単身アムステルダム中心街で過ごします。


店主の海外わび住まい日記【2019アムステルダム編】 1日目_a0187509_22414634.jpg
 郊外にある空港の地下鉄駅からアムス中心部へ移動。
 ただ、この街では地下鉄を利用する機会がほぼないことがこの先わかってまいります。


店主の海外わび住まい日記【2019アムステルダム編】 1日目_a0187509_22420934.jpg
 東京駅のモデルになったという俗説がある中央駅。
 真偽はわかりませんが、両駅はめでたく姉妹駅関係を結んでおります。


店主の海外わび住まい日記【2019アムステルダム編】 1日目_a0187509_22420877.jpg
店主の海外わび住まい日記【2019アムステルダム編】 1日目_a0187509_22421092.jpg
店主の海外わび住まい日記【2019アムステルダム編】 1日目_a0187509_22421178.jpg
 中央駅から徒歩数分、地ビール・レストランBrouwerij De Praelに参りました。
 お試し地ビールセットやら、オランダ軽食盛合せやらでさくっと夕飯をすませて、いよいよ明日のアムスからの小旅行に備えます。





 
 

# by arkku | 2019-11-13 11:13 | 雑記

 ”好きな映画がロードショー公開された月日に合わせて鑑賞することで当時の季節感を追体験してみたい”シリーズ!
 というわけで、今夜のアルック座は、「ファミリー・ツリー」。
 8年前の2011年11月16日公開(米)されました。


オアフ島ホノルルに住む弁護士マット・キングにはカウアイ島にある先祖代々受け継がれてきた広大な土地を7年後の信託を前に売却するかどうかという大問題があった。売却すれば自然は失われるものの一族に数億ドルもの資金が入る。彼の親戚達は売却益を分けることを望んでおり、彼も売却益で妻とゆっくりした生活をしたいと望んでいた。そんなある日、妻エリザベスがボート事故に遭い、意識不明の重体となる。10歳の次女スコッティは情緒不安定になり、重体の母親の写真を級友に見せたり、友人をイジメたりと問題ばかり。全寮制学校へ通う17歳の長女アレックスの迎えに行くと、心の動揺や二日酔いのせいで、母との確執の原因はクリスマスに母の浮気現場を目撃したためだと告白。親友夫妻からもエリザベスが淋しさから真剣に離婚を考えていたことが判明。マットは病室で会話もできず問い詰めることもできず思い悩む。妻の容態が悪くなり、医師がもう助かる見込みはないと彼に説明し、妻の意志に従って生命維持装置を外すことになる。マットは娘二人と長女のボーイフレンドらと共に、先祖代々の土地の見納めとエリザベスの浮気相手に会うためカウアイ島に飛ぶが...(ウィキペディアより抜粋)


 いつものように夜6時くらいからゆるくスタート。
 お楽しみに。

今週の金曜アルック座は「ファミリー・ツリー」です。_a0187509_17500211.jpg