人気ブログランキング |

カテゴリ:金曜アルック座( 98 )

 ”好きな映画がロードショー公開された月日に合わせて鑑賞することで当時の季節感を追体験してみたい”シリーズ!
 というわけで、今夜のアルック座は、「ファミリー・ツリー」。
 8年前の2011年11月16日公開(米)されました。


オアフ島ホノルルに住む弁護士マット・キングにはカウアイ島にある先祖代々受け継がれてきた広大な土地を7年後の信託を前に売却するかどうかという大問題があった。売却すれば自然は失われるものの一族に数億ドルもの資金が入る。彼の親戚達は売却益を分けることを望んでおり、彼も売却益で妻とゆっくりした生活をしたいと望んでいた。そんなある日、妻エリザベスがボート事故に遭い、意識不明の重体となる。10歳の次女スコッティは情緒不安定になり、重体の母親の写真を級友に見せたり、友人をイジメたりと問題ばかり。全寮制学校へ通う17歳の長女アレックスの迎えに行くと、心の動揺や二日酔いのせいで、母との確執の原因はクリスマスに母の浮気現場を目撃したためだと告白。親友夫妻からもエリザベスが淋しさから真剣に離婚を考えていたことが判明。マットは病室で会話もできず問い詰めることもできず思い悩む。妻の容態が悪くなり、医師がもう助かる見込みはないと彼に説明し、妻の意志に従って生命維持装置を外すことになる。マットは娘二人と長女のボーイフレンドらと共に、先祖代々の土地の見納めとエリザベスの浮気相手に会うためカウアイ島に飛ぶが...(ウィキペディアより抜粋)


 いつものように夜6時くらいからゆるくスタート。
 お楽しみに。

a0187509_17500211.jpg







 ”好きな映画がロードショー公開された月日に合わせて鑑賞することで当時の季節感を追体験してみたい”シリーズ!
 というわけで、今夜のアルック座は、「アンダー・ザ・シルバーレイク」。
 1年前の2018年10月13日公開(日)されました。

 本作がカンヌ映画祭で不評だったため、今を時めく製作配給会社A24が再編集を決め公開を先送りし、結果本国アメリカより日本で先行ロードショーされたいわくつきの作品であります。


舞台はLA。いい年になりながら人生に目的を見いだせない33歳のサムは、隣人の美しい女性サラに恋をする。空虚な日々を送っていたサムの日常は一変したように見えたが、ある日突然、サラが失踪する。サラを諦めきれないサムは、調査し探し回るが、やがて、億万長者やセレブが絡む陰謀に巻き込まれていく。(ウィキペディアより抜粋)


 いつものように夜6時くらいからゆるくスタート。


a0187509_14250748.jpg






 お楽しみに。



 ”好きな映画がロードショー公開された月日に合わせて鑑賞することで当時の季節感を追体験してみたい”シリーズ!
 というわけで、今夜のアルック座は、トッド・ヘインズ監督作「ワンダーストラック」。
 2年前の2017年10月20日公開(米)されました。


本作は2つの時間軸の物語が交互に語られていく体裁を取っている。便宜上、ここでは2つの物語を別々に記述する。

1927年10月ニュージャージー

耳が聞こえない少女、ローズはそれ故に学校に行くことが出来ず、家庭教師から勉強を教えてもらっていた。孤独感に苦しむ日々を送っていたローズは、アイドル的人気を博していた女優、リリアン・メイヒューに会うために、ニューヨークへと向かった。ニューヨークに到着したローズは、メイヒューが出演する舞台を見に行った。「会いたかった」と語るローズに対し、メイヒューは怒りを示した。メイヒューこそローズの生みの母親だった。父母の離婚後孤独に苦しみ続けたローズ。博物館に勤める兄を頼る。

1977年6月ミネソタ

少年、ベンがそこで暮らしていた。ベンの母親であるエレインは町の図書館で働いていたが、ある日自動車事故で亡くなってしまい、叔母の家に身を寄せるが従兄弟とは不仲で居心地が悪い。ベンは父親の顔を覚えていなかったが、実の父親に会ってみたいという思いは強くなる一方であった。ある日、ベンは母親の遺品の中からしおりを見つけた。そこには「愛してるよ。ダニーより」と記されていた。このダニーこそが自分の父親だと確信したベンは、しおりに記されていた電話番号に電話をかけた。ベンが電話をしている最中、家に落雷があり、高圧電流が電話線に流れてしまった。それが原因でベンは聴力を失ってしまうのだった。ベンは父親を探すために病院から抜け出してニューヨークへ向かう決心をするのだった。(ウィキペディアより抜粋)



 いつものように夜6時くらいからゆるくスタート。
 お楽しみに。


a0187509_17245885.jpg







 ”好きな映画がロードショー公開された月日に合わせて鑑賞することで当時の季節感を追体験してみたい”シリーズ!
 というわけで、今夜のアルック座は、「さよなら、人類」。
 5年前の2014年11月14日公開(スウェーデン)されました。


冴えないセールスマン、サムとヨナタン。吸血鬼の牙や笑い袋といった面白グッズを2人で売り歩いているが、まるで成果を挙げられず散々な日々。フラメンコの女教師は、レッスンを受けに来るお気に入りの若い男の子の身体を指導のフリをして触りまくり、フェリーの船長は船酔いが耐えられずに理容師に転職する。さらには、現代のバーになぜか、18世紀のスウェーデン国王カール12世が騎馬隊を率いて現われ…。(allcinemaより抜粋)


 いつものように夜6時くらいからゆるくスタート。

 お楽しみに。

a0187509_15562874.jpg







 ”好きな映画がロードショー公開された月日に合わせて鑑賞することで当時の季節感を追体験してみたい”シリーズ!
 というわけで、今夜のアルック座は、「アスファルト」。
 4年前の2015年10月7日公開(仏)されました。


フランス郊外にあるオンボロ団地。故障中のエレベーターを住民が費用を負担して修理することに。しかし2階に住む自称写真家のスタンコヴィッチは断固拒否。結局、彼だけは金を出さない代わりにエレベーターを使用しないことで決着する。ところがその直後、彼は足を怪我して車椅子生活に。誰にも見つからないよう深夜に食料調達に向かうが、そんな時間に買えるところは病院の自動販売機だけ。するとそこで、何やらワケありの夜勤の看護師と出会い、心惹かれるスタンコヴィッチだったが…。母親がいつも留守にしている10代の少年シャルリ。ある日、となりに中年女性が引っ越してくる。この団地に不釣り合いな彼女の正体は、すっかり落ちぶれてしまった女優ジャンヌだったが…。ある日、NASAの宇宙飛行士ジョン・マッケンジーを乗せたカプセルが団地の屋上に不時着する。これを秘密にしたいNASAからの要望で、最上階に住むアルジェリア系移民のマダム・ハミダが彼を2日間かくまうことになるのだが…。(allcimnemaより抜粋)


 いつものように夜6時くらいからゆるくスタート。
 お楽しみに。

a0187509_15271680.jpg







 ”好きな映画がロードショー公開された月日に合わせて鑑賞することで当時の季節感を追体験してみたい”シリーズ!
 というわけで、今夜のアルック座は、「フロリダ・プロジェクト 真夏の魔法」。
 2年前の2017年10月6日公開(米国)されました。


 フロリダ、ディズニーワールドのお膝元に佇む安モーテル「マジック・キャッスル」。そこで母とその日暮らしを送る6歳のムーニーは、元気満々の女の子。しかし、暮らしは一向に安定せず、母が売春に手を染めたことで事態は一変することに...(ブルータスより)


 タイトルの「フロリダ・プロジェクト」とは、ディズニーが60年代に開発を始めたフロリダでのリゾート開発のことをいいます。一方、「プロジェクト」とはアメリカにおける低所得者向けの公営住宅をも意味します。
 格安とはいえ、一般的なアパートに比べれば割高なモーテル暮らしを、なぜ彼らは選択するのでしょうか?
 それは、安定収入がない生活困窮者にとって入居審査をパスすることが困難であることに他なりません。
 このような人々が、やむなく長期滞在せざるを得ないモーテルはもはや「プロジェクト」化しているというわけです。
 突き詰めれば、「夢の王国」と「家のない人々」が隣合って存在するフロリダの現実を掛けことばで辛辣に表したタイトルであるといえるでしょう。

 本作の撮影は、ローアングルが多用されています。
 つまり、子供の目線ということですね。
 また、ディズニーワールド周辺が舞台ということもあり、モーテルの外観をはじめ、カラフルな色彩にあふれた撮影美術が印象的です。
 全編どこか無邪気で屈託のない空気感が流れているのは、こういう仕掛けも功を奏していると思われます。
 オブラートでくるむというか、お化粧を施すというか、観客にアメリカ社会のやるせない矛盾と向き合ってもらうための監督のある種の企てではないでしょうか。
 映画館に足を運んでもらわないことには伝えたいことが届きませんからね。

 「上手すぎる」と唸ってしまうムーニー役のブルックリン・プリンスの演技は特筆すべきものがありますが、店主は貧しい住人たちに一貫して優しい目を向けるモーテル管理人ボビー役のウィレム・デフォーがたまらなく好きです。
 辛いテーマを描いてるなかにあって、大いなる救いであります。
 
 いつものように夜6時くらいからゆるくスタート。
 お楽しみに。


a0187509_18415680.jpg








 ”好きな映画がロードショー公開された月日に合わせて鑑賞することで当時の季節感を追体験してみたい”シリーズ!
 というわけで、今夜のアルック座は、「再会の時」。
 39年前の1980年10月1日公開(米国)されました。


ブロンクスのあるアパートにライフルを持った男たちが集まり、ジャックの一家が住む部屋を取り囲んだ。ジャックは組織の会計係をしていたが、FBIに情報を洩らしたために報復されることとなった。6歳のフィルらはものものしい事態の中でうろたえるだけ。そこへ同じフロアに住むグロリア(ジーナ・ローランズ)がドアをノックした。コーヒーを借りに来たのだが、その異様な空気を感じ取り、フィルを預かってくれという突然の願いを聞き入れる。さらにジャックは組織の秘密を記したノートをフィルに託した。子供嫌いのグロリアが、いやがるフィルをつれて部屋に戻った瞬間、ジャックの部屋で大爆発が起きる。アパートを脱出した2人は組織から追われることとなる。グロリアはショーガール出身で、組織のボス、トニー・タンジーニの情婦だった。昔の仲間を敵にまわすはめになった彼女だが、少年を守ることに全てを賭ける気持ちになった。銀行から持ち金をすべて引き出し、フィルを連れて、ニューヨーク中を、身を隠す場所を求めて逃げ回る。グロリアを「ブタ」と呼び、なじまなかったフィルも次第にグロリアを母のように慕っていた。この逃避行に決着をつけることを考えたグロリアは、遂にボスのタンジーニに会うことを決意する...。(ウィキペディアより抜粋)


 ひょんなことからマフィアが血眼になって追う6才の男の子を預かることになるグロリアを演じるのは、当時50歳のジーナ・ローランズ。
 ウンガロのドレスに身を包み、NYの街路をハイヒールでしっかと踏みしめ銃を撃ちまくる彼女のかっこよさったらこの上ありません。
 そして、ギャングの向こうを張った切符の良さだけじゃなくて、他人の息子を守ることに疲れ果てて時折みせる「私何やってるんだろう」という葛藤と弱さが、徐々に「グロリア、がんばれー」って声援を送りたくなる親近感を芽生えさせるのであります。
 
 監督は実生活の伴侶でもあった、ジョン・カサヴェテス。
 いわゆる彼のミューズであるジーナ・ローランズを主演に過去何本も撮っておりますが、妻とはいえ「グロリア」でもことさら追い込む演出が容赦ありません。
 「グロリア」について店主は敢えて言い切ります。
 本作を下敷きにしたといわれるリュック・ベッソンの「レオン」も、シャロン・ストーン主演の1999年リメイク作も、遠く及ばない大傑作であると。
 
 いつものように夜6時くらいからゆるくスタート。
 お楽しみに。

a0187509_19485774.jpg







 ”好きな映画がロードショー公開された月日に合わせて鑑賞することで当時の季節感を追体験してみたい”シリーズ!
 というわけで、今夜のアルック座は、「めがね」。
 12年前の2007年9月22日に公開されました。
 

人生の一瞬に立ち止まり、たそがれたい。何をするでもなく、どこへ行くでもない。南の海辺に、ひとりプロペラ機から下り立った女・タエコ。その小さな島は不思議なことだらけ。見たこともない不思議な「メルシー体操」なるものに興じる人々、いつもぶらぶらしている高校教師ハルナ、笑顔で皆にカキ氷をふるまうサクラ、飄々と日々の仕事をこなす民宿ハマダの主人・ユージ…。マイペースで奇妙な人々に振り回され、一度はハマダを出ようとするが、自分なりに「たそがれる」術を身につけていくタエコ。そして、タエコを追ってきたヨモギを含めた5人の間には奇妙な連帯感が生まれていく。しかし、その時間は永遠には続かない……。(ウィキペディアより)


 「かもめ食堂」に続いて荻上監督が撮った劇場4作目。
 登場人物のキャリアは語られることはなく、結果的に素性の知れない奇妙な人物ばっかり集まってきてしまうのは前作同様で、例によって劇的展開も皆無。
 ただ、北欧の街から奄美の島に舞台を移したせいでしょうか、全編に流れる「ゆるゆる」加減はこの上ないくらいパワーアップしております。
 鑑賞者は、もはやストーリーを追いかけることを放棄せざるを得なくなり、「めがね」という映像の海原にクラゲの如くゆらゆらと感覚を委ねるしか術がなくなってしまうわけです。
 本作の「ゆるゆる」感はそれくらいの破壊力を秘めていると思います。
 必然的に、クラゲ式で観るのが一番心地よいし、このヒーリングムービー?の醍醐味が味わえるのでは。

 極力説明を省いた演出を施す監督さんですが、登場する主人公タエコの心情変化はうまい小道具使いで語られています。
 それは、タエコが島まで引きずってきた重そうなスーツケースと、おそらくすっかり彼女を疲れさせてしまった日常のすべてを見せていた眼鏡。
 この小道具たちの顛末にごぜひ注目を。

 登場人物たちのビールを呑むシーンがやたら多い映画でもあります。
 それも、一貫して瓶ビールをジョッキで。
 彼らが宿やビーチであおるビールはなんともおいしそう。
 当店、店主がこだわるサッポロ赤星も生だと気分じゃないのです。

 やっぱり瓶で提供しております。
 この映画の残像がそうさせているのでしょうね。

 いつものように午後7時くらいからゆるくスタート。
 おたのしみに。


a0187509_16044269.jpg







 ”好きな映画がロードショー公開された月日に合わせて鑑賞することで当時の季節感を追体験してみたい”シリーズ!
 というわけで、今夜のアルック座は、「ストックホルムでワルツを」。
 6年前の2013年9月13日(スウェーデン)に公開されました。


スウェーデンの首都ストックホルムから300km離れた小さな田舎町に両親と5歳の娘と暮らしているシングルマザーのモニカは、電話交換手の仕事をしながら、時折深夜バスでストックホルムまで出向き、ジャズクラブで歌手としてステージに立つ忙しい日々を送っていた。いつか歌手として成功し、この町を出て娘と2人で何不自由なく暮らせる日が来ることを夢見ているモニカに、厳格な父は“母親失格”のレッテルを貼り歌の仕事に反対をしていた。そんな時、モニカの歌を聞いた評論家の誘いからニューヨークで歌うチャンスが与えられる。一世一代のチャンスに、意気揚々とジャズの聖地に乗り込むモニカだが、ライブは無残な結果となり、さらには憧れの歌手から“自分らしい歌を歌いなさい”と厳しい批判を受ける。ニューヨークでの評判はモニカの住む町まで届き、父は皮肉を浴びせ、歌をやめ母親業に専念するよう言い放つ。落ち込むモニカだったが、ある日バンドのベースを務めるストゥーレと、母国語(スウェーデン語)でジャズを歌うことを思いつく。誰もが予想していなかったこの歌声は、次第にストックホルムの人々の心に響くようになり、モニカは夢のステージへの階段を上がり始めた―。(Filmarksより)


 いつものように夜6時くらいからゆるくスタート。
 お楽しみに。

a0187509_16035391.jpg
 





 ”好きな映画がロードショー公開された月日に合わせて鑑賞することで当時の季節感を追体験してみたい”シリーズ!
 というわけで、今夜のアルック座は、「ロスト・イン・トランスレーション」。
 16年前の2003年9月12日に公開されました。

ハリウッド俳優のボブは、ウィスキーのCM撮影のために来日する。慣れない国での孤独感を感じるボブは、東京のホテルに到着した翌朝、エレベーターで若いアメリカ人女性、シャーロットと乗り合わせた。彼女はフォトグラファーの夫の仕事に同行してきた新妻で、やはり孤独と不安に苛まれていた。やがて2人は、ホテルのバー・ラウンジで初めて言葉を交わし、親しくなる。シャーロットの友人のパーティーに誘われ、夜の街へと出掛けたボブは、カタコトの英語を話す若者たちとの会話を楽しみ、カラオケでマイクを握るシャーロットに魅入る。2人は東京に来て初めて開放的な気分を感じた。ボブはCM撮影が終了したが、急遽舞い込んだテレビ出演の話を承諾し、滞在を延ばすことになった。ボブは、シャーロットとランチを共にし、ホテルの部屋で古い映画を観て時を過ごし、絆を深めていった。だがボブの帰国の時が訪れる...。(KINENOTOより抜粋)

 ウィキペディアの請売りですが、ソフィア・コッポラ監督による本作のテーマは「アノミー」だといいます。
 ウィキのリンクで、「アノミー」に跳ぶと、「アノミー(anomie)は、社会の規範が弛緩・崩壊することなどによる、無規範状態や無規則状態を示す言葉。フランスの社会学者エミール・デュルケームが社会学的概念として最初に用いたことで知られる。」とのこと。
 さらなる???のぬかるみに足をとられそうになったので、慌てて、不勉強人にも解かりやすいことばで論じていそうな方のブログにて「アノミー」をにわか勉強したところ、店主的には「アノミー=人が生きてる限り、本来生じる何かとのつながりや目的が失われた状態」というところに着地いたしました。

 さて、本作中のアメリカ人男女は、二人とも「アノミー状態」で、新宿のホテルで遭遇します。
 森進一の「新宿・みなと町」?ではありませんが、自ら望んだわけでもなく、なんとなく流れ着いたというわけですね。
 妖しげな賑々しさに彩られた新宿という街にあって、二人が宿泊しているパークハイアット東京は、この上なく快適なコクーンのようであります。
 互いの「アノミー」を悟った二人は、抱えた喪失感を埋めるように、ホテルを出て東京という異国の大都会の冒険にくり出します。
 セレブ御用達の「コクーン」を抜け出すことが、二人に連帯感なりある種の共犯意識を芽生えさせるきっかけになるところがおもしろいのです。
 つまりは、「アノミー」から抜け出す一歩になったわけですね。

 主演の二人は公開当時、ビル・マーレイ53歳、スカーレット・ヨハンソン19歳。
 変化のない結婚生活に萎えてしまった中年俳優と、輝く美しさを湛えながら未来に不安を抱く新妻。
 説得力のあるキャスティングは、「ロスト・イン・トランスレーション」の成功の肝といえましょう。
 店主自身何度も身を置いたはずの馴染みの新宿の雑踏の中を、スカーレット・ヨハンソンが消え入りそうになりながら歩くシーン。
 ただそれだけなのですが、本作全体に流れる漂流感と相まって、何ともいえず心に沁みる映像美があります。

 いつものように夜7時からスタート。
 お楽しみに。
 
a0187509_17314338.jpg