人気ブログランキング |

店主の海外わび住まい日記【2019アムステルダム編】 2日目(その3)

店主の海外わび住まい日記【2019アムステルダム編】 2日目(その3)_a0187509_16231761.jpg
 この日はかなりの強行軍。
 デン・ハーグから取って返してアムステルダムへ。
 まだ時間に余裕があったので、有名美術館が集積しているアウト・ザイト地区にあるゴッホ美術館も訪れることができました。
店主の海外わび住まい日記【2019アムステルダム編】 2日目(その3)_a0187509_16220130.jpg
 「火のついたタバコをくわえた骸骨」(1985-1986年)は、ゴッホがアントワープ王立芸術学院に通っていたときの作品。
 ゴッホにとって、ここでの授業は退屈極まりないものであったらしく、骨格研究や解剖学を重要視したアカデミズム教育への反発心がこんなユーモアな画を残すことになりました。
 またゴッホは、1890年自ら命を絶つまで生涯ヘビースモーカーだったとのことです。
 学生時代に来た時には、一緒に観れたあの「ひまわり」は現在別館に展示されていて、時間の関係で今回はお預けに。
 このアムステルダムの「ひまわり」は、SOMPO美術館所蔵の「ひまわり」をゴッホ自身が模写したものという説があります。
 移動による損傷を避けるため館外貸し出し禁止措置がとられていることを鑑みると、わざわざアムステルダムまで足を延ばさなくても、新宿で観てしまえ!というのも一考であります。
 
 
店主の海外わび住まい日記【2019アムステルダム編】 2日目(その3)_a0187509_16231354.jpg
 夕食は、本格オランダ料理がいただけるHaesje Claesで。
店主の海外わび住まい日記【2019アムステルダム編】 2日目(その3)_a0187509_16220225.jpg
店主の海外わび住まい日記【2019アムステルダム編】 2日目(その3)_a0187509_16220382.jpg
 正直、どんなお味だったか記憶にございません。
 あるまじき食レポでお恥ずかしい限り。



店主の海外わび住まい日記【2019アムステルダム編】 2日目(その3)_a0187509_16231497.jpg
 睨んだ通り、アムステルダムにもジャズが聞けるお店がありました。
 こちらCafe Altoです。
 3月からサマータイムが始まるくらい夜が明るいヨーロッパ。
 のんびりビールを飲みながら夜9時のライブ開始を待ちます。
  
店主の海外わび住まい日記【2019アムステルダム編】 2日目(その3)_a0187509_16231549.jpg
 この店では、チャージを取りません。
 ミニマム・ワン・ドリンクで気軽にジャズ・ライブが楽しめます。

 ちなみに翌日、このアルトサックスのお兄さんを偶然市中で見かけることになります。
 ヨーロッパの他の都市に比べると、アムステルダムは街歩きに最適なほどよい広さといえましょう。
 ライブは、2ステージ制。
 次の回を待つお客さんを横目に僕らは退散。
 とにかく歩き回った2日目ようやく終了です。





 
 

by arkku | 2020-05-27 05:27 | 雑記 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : https://arkku.exblog.jp/tb/240349901
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。