人気ブログランキング |

今週の金曜アルック座は「マンチェスター・バイ・ザ・シー」です。

 ”好きな映画がロードショー公開された月日に合わせて鑑賞することで当時の季節感を追体験してみたい”シリーズ!
 というわけで、今夜のアルック座は、「マンチェスター・バイ・ザ・シー」。
(先月鑑賞予定が機器の不具合でかなわず、今週仕切り直しです。)
 3年前の2016年11月18日公開(米)されました。


リー・チャンドラーは短気な性格で血の気が多く一匹狼で、ボストンの住宅街で便利屋として生計を立てていた。

ある冬の日、リーは兄のジョーが心臓発作で亡くなったとの電話を受けた。故郷の町「マンチェスター・バイ・ザ・シー」に帰ったリーは、自分が16歳になるジョーの息子の後見人に選出されたことを知らされる。兄を失った悲しみや自分に甥が養育できるだろうかという不安に向き合うリーだったが、彼はそれ以上に暗い過去、重い問題を抱えていた。(ウィキペディアより)


 ちなみに、映画の舞台はイギリスのマンチェスターではありません。

 アメリカ、マサチューセッツ州にある小さな町、ずばりタイトルになっております"Manchester by the Sea"がそこ。

 本作において、リーを演じたケイシー・アフラックが89回アカデミー賞主演男優賞を見事射止めております。

 

 いつものように夜6時くらいからゆるくスタート。

 お楽しみに。

今週の金曜アルック座は「マンチェスター・バイ・ザ・シー」です。_a0187509_18185235.jpg