再会の時

 ”好きな映画がロードショー公開された月日に合わせて鑑賞することで当時の季節感を追体験してみたい”シリーズ!
 というわけで、今夜のアルック座は、「再会の時」。
 35年前の本日、1983年9月28日公開(米国)されました。


ハロルド(ケヴィン・クライン)と妻のサラ(グレン・クローズ)はミシガン大学の同窓生で、現在はリッチモンドで暮らしている。ハロルドが子供を風呂であやしていると電話がかかり、サウスカロライナにある彼らの別荘で、友人のアレックスがバスタブで手首を切って自殺をしたことを知らされる。

アレックスの葬儀でハロルドとサラは大学時代の友人たちと15年振りに会う。テレビ俳優であるサム(トム・ベレンジャー)、アトランタで弁護士をしているメグ(メアリー・ケイ・プレイス)、ピープル誌の記者のマイケル(ジェフ・ゴールドブラム)、ベトナム帰還兵でかつてラジオ番組のホストを務めていたニック(ウィリアム・ハート)、広告会社の重役を夫にもつカレン(ジョベス・ウィリアムズ)らだ。葬儀にはアレックスの恋人のクロエ(メグ・ティリー)も参列していた。

別荘に戻ると、ハロルドは友人たちに向かって週末をここで過ごさないかと誘う。カレンの夫のリチャード(ドン・ギャロウェイ)はカレンを残して去り、8人の共同生活が始まって...。(ウィキペディアより抜粋)


 いつものように夜7時くらいからゆるくスタート。

 お楽しみに。


a0187509_20474774.jpg







[PR]