店主、NYにちょっと住んでみる。【初日】

 1月26日。
 当店は6周年を迎えることができました。
 これもひとえに皆々様のご愛顧のおかげでございます。
 本来ならば、共にお祝いなぞすべきところでございますが、店主はカフェをほったらかして?、この日旅に出ました。
 またまたあの街、NYへです。

 

a0187509_16111311.jpg
 しばしのお別れ、東京。
 さよなら、富士山。




a0187509_16120782.jpg
 皿洗いでガサガサに荒れた店主の手。
 毎回のことですが、指紋認証にすこぶる手こずったものの無事入国審査パス。
 今回の宿は、これまでのNY滞在で初となるブルックリンにあるので、空港からはタクシーで向かいます。




a0187509_16125027.jpg
 JFKからイエローキャブに乗り込んでブルックリンに向かったのはよかったのですが、トラブル発生。
 ナビ頼りで運転していたムスリムの運ちゃんに降ろされたところは、なんとまったくの別住所。
 行きたかったのはウィリアムズバーグなのに、着いたのは車で30分ほど離れたレッドフック(後日再訪詳述)のあたり。
 マンハッタンをホームグラウンドとするイエローキャブにとって比較的不慣れなブルックリンとはいえ、プリントアウトして持参したルートマップを見せたのにも関わらずです。
 しかたがないので、グリーンタクシー(マンハッタン以外のNY4区で乗客を拾える免許を持ったタクシー)を拾い直してアドレスを伝えると、ターバン巻きのインド人ドライバー、今度はナビには目もくれず、宿の真ん前にピタリと車寄せする完璧な運転をみせてくれました。
 さすがは、ローカルプロ。

 さて、どうにか到着したウィリアムズバーグにあるこの宿ですが、早い話がアパートをまた貸しさせてもらうシステムであります。
 二部屋あるうちツインタイプのほうを日本で予約。
 もうひとつのシングルの部屋は、先週からリピーターの日本人男性が連伯中でした。
  
a0187509_16171113.jpg
a0187509_16142313.jpg
a0187509_16171221.jpg
a0187509_16171499.jpg
 道を挟んだ向こうの建物は小学校のようです。
 最初にこちらのサイトを見つけたとき、もともとの契約者は女性だとばかり思い込んでおったのですが、実はアート関連の仕事をしているというNY歴15年の日本人男性でありました。
 彼から鍵を受け取って、いよいよブルックリンでの「アパート暮らし」がスタート。




a0187509_16171731.jpg
 NYでの一食目は遅がけランチをサラダバー「スイートグリーン」で。
 これまでは、マンハッタンのノマドあたりにわざわざ通ってましたが、さすがはウィリアムズバーグ。
 NY屈指の流行発信地であるこのエリアには、そのイメージの良さから人気チェーンストアの出店ラッシュが続いていて、この手のお店が徒歩圏にあるのは非常にうれしい限りです。
 ただ、お腹がふくれた途端、激しく襲ってきた時差ボケの眠気には抗えず...。
 街の探索は後回しで、アパートに戻りベッドに潜り込む選択をした店主。
 若き頃だったら考えられない海外でのこんな気ままな時間浪費も、「住むように旅する」弊害でもあり、幸せでもありましょう。
 写真は、ピリ辛ケールサラダボウル。 




a0187509_16171505.jpg
 目を覚ますと夜の戸張も降りていて、眠気眼でふらふら街に。
 店内に、反トランプ政権スローガンを掲げているところも一部見受けられましたが、市中はいたって平穏な感じ。




a0187509_16170810.jpg

a0187509_16161541.jpg
 
a0187509_20435497.jpg
 アパートから徒歩5、6分。
 モーニングコーヒー用の豆も買いたかったので、ブルックリンで最注目のロースター「デボシオン」を訪れてみました。
 こちらで扱う豆は、すべてフェアトレードで輸入したコロンビア産。
 日本ではブレンド用の豆のイメージが先行してて、コロンビアの豆はさほど重要視してこなかったのですが、これは、店主のつまらない既成概念をあっさり打ち破る一杯となりました。
 農園で手摘みされた生豆が一か月足らずで、まろやかな酸味とコクのある素晴らしきコーヒーして味わえる幸せ。
 こちらのオーナーがダイナミックに切り開いた「ファーム・トゥ・テーブル」のコロンビア・ルートに脱帽です。

 
 結局、サラダボウルで夜までお腹がもってしまった本日。
 初日報告終了です。
 






[PR]
by arkku | 2017-02-20 02:20 | 雑記