はっさく大福

a0187509_16093117.jpg

 
 ご常連のT嬢からのいただきもの、その名も、はっさく大福。
 広島県因島の銘菓だそうです。
 スイーツ命のT嬢、激賞の品に期待は高まるばかりで、早速、ゆるーいイラスト入りの包装から取り出してパクリ。

 「う、う!!」
 大福の柔らかい皮に包まれたはっさくの房に歯があたると、あの粒々感とともに、果汁がじゅわっと口中に広がります。
 この食感のおもしろさが、いちご大福とは一線を画すところ。
 もちろん、白あんの甘さと全体の8割方を占めるはっさく本来の甘みと酸味とのバランスも絶妙。
 はっさく独特の苦みがまた、大人が楽しめる甘味としての完成度をアップしております。

 原木があったというはっさく発祥の地、因島まで行かずとも、銀座にある広島県のアンテナショップで購入可能とのこと。
 はっさくが旬な内の期間限定品らしいので、東京人よ、急げ。
 

 Tさん、情報に感謝、そしてごちそうさま。





[PR]
by arkku | 2014-07-17 07:17 | 雑記