<   2016年 11月 ( 3 )   > この月の画像一覧

 毎月最終土曜の夜恒例、アルック・プレゼンツ・”アマデュオス”ボサノバ投銭ライブを週末26日に開催します!
 
 3回ステージ(演目は各回変わります)で、1st・PM7時 2nd・PM8時 3rd・PM9時、それぞれスタート。
 ワンステージだけでも、通しで全部聴かれても、お客様次第でOK。

 元々ノンチャージの当店ですが、今回も席料等はございません。
 ただし、彼らの演奏を聴かれて応援したくなったお客さまのために?、投銭入れをご用意いたしますので、お会計の際チャリ~ンと入れていただければ幸いです。

 晩秋の夜、荻窪のちいさなカフェで、ボサノバ・ギターの調べをごゆるりとお楽しみください。


 【お問合せ・ご予約】080・2331・7608(カフェ専用携帯)











[PR]
 11月21日は、ゴールディ・ホーンの誕生日であります。
 今や「ケイト・ハドソンのママ」との肩書きの方が世間的に通りの良い彼女ですが、70年代~80年代のハリウッドにおいては、その美貌とコミカルなキャラで、コメディの女王として君臨しておりました。
 というわけで、今夜のアルック座は店主一押し、ゴールディの魅力が弾けまくる傑作、「ファール・プレイ」。

世界各国を歴訪中で、まもなくサンフランシスコを訪問するローマ教皇の案内役を務める予定のサンフランシス大司教が何者かに殺害された。

数日後、図書館司書のグロリアは気晴らしに行ったパーティーからの帰り道、ヒッチハイカーの若い男を拾い上げるが、その男は彼女に1本のフィルムを預け、後日映画館での再開を約束し、車を降りていった。その日、映画館には約束どおり男が現れるが、深手を負っていた男は「殺人がある。小人に気をつけろ」という言葉を残し事切れてしまう。

その日を境にグロリアは白皮症の男から執拗に付きまとわれるようになる。彼女は刑事のトニーに助けられ、捜査に乗り出す。

その結果、グロリアが拾った男は政府の秘密情報員であり、大司教殺害事件を追っていたこと、暗殺者が“小人”と呼ばれている人物であることが判明する。

やがて、2人は暗殺者の次の標的がローマ教皇であることを知り、暗殺阻止に向けて動きだす。(ウィキペディアより)

 監督コリン・ヒギンズは筋金入りのヒッチコキアン(ヒッチコック狂)で有名。
 本作にしても、要人暗殺というプロットは「知りすぎていた男」のオマージュであるし、そのほかにもヒッチコック作品のパロディーがあちらこちらに散りばめられていて、ヒッチコック好き、映画好きには宝探しのような楽しみ方もできてしまいます。

 当然、大筋はサスペンス仕立てなのですが、この監督が一筋縄では行かないのが、そのコメディーセンス。
 色魔の指揮者役に、イギリスのコメディアン、ダドリー・ムーアを引っ張り出してきたり、バージェス・メレディスとレイチェル・ロバーツにスラップステッィク調のカンフー対決をさせたりと変幻自在。

 教皇が観劇するオペラが、なんとも奇妙な東洋趣味に彩られた「ミカド」(実在します...)というのも笑えます。
 
 そして、なんといっても主演は、顔の半分も占めそうな大きなお目目のゴールディ・ホーン。
 公開当時33歳。おそらく、このキュート過ぎるブロンドが恐怖に慄き悲鳴を上げる度に、逆に映画館は沸いたはず。
 ヒッチコックがブロンドビューティーと恐怖心理という映画作りの枠組みにこだわったことを思うと、本作最大のパロディーは、ハリウッドを代表するコメディアンヌ、ゴールディを主役に据えたことなのかもしれません。

 ちなみに、実現には至りませんでしたが、ゴールディの実娘ケイト・ハドソン主演で「ファール・プレイ」のリメイク話が一時期あったそうです。
 残念。

 いつものように、午後7時ごろスタートします。
 お楽しみに。






[PR]
 ノーベル賞受賞が発表されてからというもの、何かとお騒がせなボブ・ディラン。
 どうやら受賞の意志はあるようですが、「式典には行けたら行く」というつれないコメントに相変わらず関係者はヤキモキしているようであります。
 今夜のアルック座は、そんな今旬な人、ボブ・ディランの半生を描いた「アイム・ノット・ゼア」。
 9年前の11月21日ロードショー公開(米)されました。

19世紀フランスの詩人アルチュール・ランボー(ベン・ウィショー)は「なぜプロテスト・ミュージックをやめたのか?」という尋問を受けている。1959年、「ファシストを殺すマシン」と書かれたギターケースを持つ黒人少年ウディ(マーカス・カール・フランクリン)は黒人ブルース・シンガーの家に転がり込む。しかし老母に「今の世界のことを歌いなさい」と言われ、再び旅に出る。列車で強盗団に襲われた彼は白人女性に助けられるが、少年鑑別所から電話がかかってくる。60年代後半のプロテスト・フォーク界で、ジャック・ロリンズ(クリスチャン・ベール)は中心的存在となる。しかしパーティのスピーチでJFKの殺害犯を称え反感を買い、身を隠す。約20年後、彼は教会でジョン牧師と名乗っていた。ベトナム戦争が本格化した1965年、新人俳優ロビー(ヒース・レジャー)は、美大生クレアと出会い、結婚する。しかし次第に2人の感情はすれ違い始める。1973年、ベトナム戦争からの米軍の撤退のニュースを見ていたクレアは離婚を決意する。1965年、ジュード(ケイト・ブランシェット)はロックバンドを率いてフォーク・フェスティバルに出演し、ブーイングを受ける。彼はバンドと共にロンドンに向かい、ニューヨークの人気モデル、ココ・リヴィングトンと出会う。ライブで再びロックを演奏し、パーティ会場で悪態をついた彼は会場を後にするが、地面に倒れ込む。西部の町リドルでビリー(リチャード・ギア)は隠遁生活を送っていた。ハイウェイ建設のため町民に立ち退き命令が下る。ビリーはその黒幕がギャレット長官であることを突き止め、ギャレットの演説会で彼の悪行を非難する。町民たちはその言葉で一斉蜂起を始める。ビリーは新たな旅先を目指し、旅に出る。彼のギターケースには「ファシストを殺すマシン」と書かれていた。 (KINENOTOより)

 なんとも意味不明な映画と判断されそうなあらすじでありますが、それもそのはず本作は、ディランを連想させる登場人物を6人の俳優が演じた6つのストーリーから構成されているのでした。
 一見オムニバス形式の作品にはみえるのですが、それぞれのストーリーには脈絡がないわけではなく、ディランのファンであれば、彼のキャリアのなかのターニング・ポイントとなったエピソードに重ね合わせて観ることができるでありましょう。
 
 さてご承知のように、ディランは白人男性ですが、おもしろいのは、人種はおろか、性別まで超越した俳優陣のラインナップです。
 多分に実験的な構成にはなっておりますが、一筋縄ではいかないディランの多面性を描き出すには、効果的なキャステイングであったと思います。
 現実には1人の人間であるボブ・ディランを、6つの違ったパーソナリティーを持つボブ・ディランであぶり出そうとした監督トッド・ヘインズ。
 奇才の面目躍如といったところでしょうか。

 いつものように夜7時くらいからスタート。
 お楽しみに。
 
a0187509_14132884.jpg







[PR]