<   2016年 10月 ( 4 )   > この月の画像一覧

毎月最終土曜の夜恒例、アルック・プレゼンツ・”アマデュオス”ボサノバ投銭ライブを本日29日に開催します!
 
 3回ステージ(演目は各回変わります)で、1st・PM7時 2nd・PM8時 3rd・PM9時、それぞれスタート。
 ワンステージだけでも、通しで全部聴かれても、お客様次第でOK。

 元々ノンチャージの当店ですが、今回も席料等はございません。
 ただし、彼らの演奏を聴かれて応援したくなったお客さまのために?、投銭入れをご用意いたしますので、お会計の際チャリ~ンと入れていただければ幸いです。

 深まりゆく秋の夜、荻窪のちいさなカフェで、ボサノバ・ギターの調べをごゆるりとお楽しみください。


 【お問合せ・ご予約】080・2331・7608(カフェ専用携帯)




[PR]
 さる10月1日は、「コーヒーの日」だったというのをご存じでしたか?
 コーヒー豆生産国の収穫期が9月にほぼ終了し、10月から新しい年度になることにちなんでおります。
 つまり、「コーヒー年度」の元旦ということですね。
 
 今夜のアルック座は、現代のコーヒーカルチャーを追った、知られざる「Seed to Cup(種からカップまで)」の物語をお送りします。
 世界中に足を運び、畑からカフェの現場まで、コーヒーの世界を美しく紡いだ本作を観たならば、思わず一杯注文したくなること請け合い。
 コーヒー好きはもちろん、コーヒーがちよっと苦手という人にとっても、この琥珀色の液体に囚われた人々の映像記録は興味深く観ていただけると思います。
 
 いつものように夜7時くらいからスタート。
 お楽しみに。






 

[PR]
 ”好きな映画がロードショー公開された季節感を追体験してみたい”シリーズ!
 というわけで、今夜のアルック座は、「ある日どこかで」。
 36年前の1980年10月3日公開(米国)されました。
 
 ロシアロマン派の代表的な作曲家、セルゲイ・ラフマニノフの作品に、「パガニーニの主題による狂詩曲」というのがあります。
 25部の変奏曲から成る狂詩曲中、単独で演奏されることも多い有名なパートが第18変奏。
 映画「ある日どこかで」は、まさしくこの第18変奏が、ストーリーの重要な鍵に...。
 

1972年、脚本家志望のリチャードの処女作上演後のパーティー会場に、成功を喜ぶ彼を会場の隅から見ている上品な老女がいた。彼女はリチャードに歩み寄り、「私の所へ帰ってきて(Come back to me)」と言う不思議な言葉と共に懐中時計を手渡し去っていった。彼女が何者なのか知っている者は誰一人としていなかった。彼女はグランドホテルの自室に戻り、リチャードの書いた脚本を胸に抱いて、思い出のラフマニノフの曲を聴きながら、その夜静かに息を引き取った。8年後の1980年、脚本家となっていたリチャードは、原稿を求めに来る編集者から逃げるように、車で旅に出た。そしてドライブの途中で通りかかったグランド・ホテルに、引き寄せられたかのように宿泊した。ふと立ち寄ったホテル内の歴史資料室で、リチャードは背中に熱い視線を感じた。振り返ってみると、そこには若く美しい女性の写真が掛かっていた。ホテルの老ボーイに尋ねると、彼女はそのホテル内の劇場で1912年に公演をした女優であることを知る。リチャードは彼女についての調査に没頭し、写真の主は当時の人気女優エリーズ・マッケナであり、1912年以降活動しなくなったことを知る。また1972年のあの夜に彼女が亡くなったことも知る。そして、彼女の愛読書がリチャードの哲学教師の著書である「時の流れを超えて」であることに驚き、ここで「帰ってきて」の意味を悟った。当然のように、リチャードは「時間」という壁にぶつかってしまった。それからリチャードが取った行動は、運命の人を求めての、信じられない旅立ちだった。(ウィキペディアより抜粋加筆)

 本作をカテゴライズすると、一般的にはタイムトラベルものということになってしまうのでしょうが、リチャードとエリーズの悲恋物語というのが本筋でありましょう。
 実は、時空を超える手段としてタイムマシンの類は登場しません。
 まさに、恋する男の一念岩をも通す。リチャードの涙ぐましい努力は、作中でご覧になってください。
 
 さて、ラフマニノフが、「パガニーニの主題による狂詩曲」を発表したのは、1934年のこと。
 リチャードとエリーズが出会うのが1912年ですから、1980年から遡って飛来した未来人?リチャードが鼻歌で唄うラフマニノフの同曲は、エリーズにとっては未知の曲だったということになります。
 映画には描かれておりませんが、やがて発表された同曲を聴くことになるエリーズの驚嘆は想像に難くありません。
 タイムトラベル特有のこういった「矛盾」が、後々「筋が通る」鍵にもなるというパターンはよくありますが、ストーリーの整合性がとれた途端の爽快感はやっぱりたまりません。
 本作では、それをラフマニノフに設定しているあたりが心憎いわけです。

 リチャードを演じるのは、あのクリストファー・リーブ。
 1995年、落馬によって事実上役者生命を絶たれる障害を負ってしまったことが悔やまれる溌剌とした演技が光る本作や、名優マイケル・ケインと渡り合った良質なサスペンス「デストラップ」を観るにつけ、彼がただの肉体派のスーパーマン俳優に甘んじる器でなかったことがよくわかります。

 本作のロケ地は、そのほとんどが、アメリカ、ミシガン州ヒューロン湖に浮かぶリゾート地マキノ―島。

 リチャードとエリーズが出会う19世紀の面影たっぷりのホテルは、それもその筈、マキノー島に実在する1887開業の木造建築ホテルです。

 そして今や、「ある日どこかで」にちなんだイベント「Somewhere in Time(本作原題) Weekend」が毎年開催される本作を熱狂的に愛するファンにとっての聖地でもあります。

 いつものように夜7時からスタートです。
 お楽しみに。

a0187509_19513649.jpg





 
[PR]
 ”好きな映画がロードショー公開された季節感を追体験してみたい”シリーズ!
 というわけで、今夜のアルック座は、「ノーマ、世界を変える料理」。
 1年前の2015年11月に公開(デンマーク)されました。

独創的な料理の数々で世界から注目を集めるデンマーク、コペンハーゲンの人気レストラン「NOMA(ノーマ)」のオーナーシェフ、レネ・レゼピを追ったドキュメンタリー。英レストラン誌が選出する「世界ベストレストラン50」で2010年から3年連続1位に輝いたものの、2013年に2位に転落した同店が、第1位への返り咲きを目指す4年間の記録。(映画.comより抜粋)

 レストラン業界のアカデミー賞とも評される「世界ベストレストラン50」。
 その影響力たるや、国家の観光競争力ランキングをも押し上げるといわれ、今やトップシェフたちがミシュランの格付け以上に意識する「番付」になっているとのこと。
 本作の主人公は、そのランキングにおいて、3年連続1位に輝いたレストランのカリスマシェフであります。
 レストラン業の裏側を描いたドキュメンタリーとしては、やはり、世界の料理業界に多大なるインパクトを与えたスペインの今は亡きエル・ブリに潜入した「エル・ブリの秘密」がありますが、食事を提供することを生業にしている端くれとしては、この「ノーマ」もまた、大いに面白く観ることができました。
 両作を比較すると、「エル・ブリ」がレストランのラボラトリー然とした無機質なバックヤードを執拗にカメラで追いかけていたのに対して、「ノーマ」は加えて、スターシェフ、レネの人間像を、彼自身や彼の家族、そして食材提供者等へのインタヴューから浮彫にしてみせます。
 32歳という若さで頂点に立ってしまった自分自身のことを、「嫌な男に成り下がってしまった」と断ずるレネ。
 ノーマが掲げたスカンジナビア限定の食材を使ったレシピの創造というコンセプトは、北欧の料理人たちに徐々に伝播していき、食のトレンド「ニューノルディック・キュイジーヌ」の開花に至りました。そんな北欧における華やかなる食の革命の裏側に、マケドニアにルーツをもつ一人の男の苦悩の道程があったことを本作は実直に告白しているわけであります。

 ちなみに、レネ・レぜピは、「世界ベストレストラン」1位に5度輝いたエル・ブリのOB。
 現在の北欧料理界の隆盛を予言したのは、エル・ブリ料理長、フェラン・アドリアその人であったといいます。

 いつものように夜7時くらいから始めます。
 お楽しみに。

a0187509_05305171.jpg









 

[PR]