<   2016年 05月 ( 2 )   > この月の画像一覧

 5月18日は、ジョイ・ディヴィジョンのボーカリストであり、作詩を担当していた、イアン・カーティスの36回目の命日でした。
 27クラブ(ブライアン・ジョーンズ、ジミ・ヘンドリックス、ジャニス・ジョプリン、ジム・モリソンをはじめ、27歳で他界したミュージシャンたちを指します)の入会資格にまだまだ満たない23歳という若さでの自死。
 悪化する癲癇の発作や、愛人絡みの色恋沙汰による心身の疲弊が引き金になったとされてます。
 それは、ポスト・パンクを牽引するバンドのフロントマンとして注目度もうなぎ登りの最中のことであり、成功が見込まれた初全米ツアーへ旅立つはずだった前日のことでありました。

 たとえば、前出のジム・モリソンを失ったドアーズはその後も活動を続けましたが、かつての輝きを取り戻すことなく、表舞台から消えていきました。
 さて、同じようにカリスマを失ったジョイ・ディヴィジョンのメンバーたちはというと、「ニュー・オーダー」となり、皮肉にも、イアンが亡くなった月曜日のことを歌った「Blue Monday」がヒットチャートを駆け上がり、これ以降、モンスターバンドへと飛躍することになります。

 イアンの命日から一週間後、先々日行われたニュー・オーダーのライブのアンコールでは「 Love Will Tear Us Apart」(ジョイ・ディヴィジョンのナンバー。ある意味セルフカバーともいえますね。)が演奏されました。
 追悼の意もあったのでしょう。ステージ後方のスクリーンにはイアンのポートレートが映し出されておりました。

 今夜のアルック座は、ジョイ・ディヴィジョン、そしてニュー・オーダーが所属していた、世界一メジャーな?インディ・レーベル、ファクトリー・レコードの成功と破綻を描いた嘘のような本当の物語、「24アワー・パーティ・ピープル」です。

 1976年6月4日、不況の嵐が吹き荒れるマンチェスターのレッサー・フリー・トレイド・ホールで行われたセックス・ピストルズのライヴ。観客は42人、その中には後にシンプリー・レッドを結成するミック・ハックネル、後にジョイ・ディヴィジョンとなるワルシャワのメンバー、後にバズ・コックスのメンバーとなるハワード・ディヴォード、後にザ・スミスのメンバーとなるモリッシー、ニュース・キャスターであり後にファクトリー・レコードを創設するトニー・ウィルソンがいた。
 物語はウィルソンと4人の若者によるサクセス・ストーリー。俳優のアラン・イラズマス、マネージャーのロブ・グレイトン、プロデュ−サーのマーティン・ハネット、そして後にニュー・オーダーなどファクトリー所属アーティストのアルバムジャケットなどを手掛けるようになるピーター・サヴィル。そしてウィルソンが創設したファクトリー・レコードから生まれた音楽、そのファクトリーが手掛けた大型クラブ「ハシエンダ」がひとつのムーヴメント、時代、伝説を築き上げていくが...。(ウィキペディアより)

 ところで、ファクトリー・レコード創設者のトニー・ウィルソンをはじめ、マンチェスターを音楽シーンの最重要都市へと変貌させる立役者たちが集った伝説のピストルズのギグに、実はイアン・カーティスは遭遇していません。(正確には、同年7月20日に行われた2回目のギグは観ているとのこと)
 そういった意味で、転んでもただでは起きない破天荒で夢多き「ファクトリー・ファミリー」の男たちと、内面世界に深く没して孤独に打ち震える詩を綴ったイアン・カーティスとは、当初からどこか運命のずれがあったのかもしれません。


 いつものように夜7時からスタート。

 お楽しみに。

a0187509_19211179.jpg






[PR]
a0187509_14055673.jpg
 
 学生時代から激愛してきた、ニュー・オーダーを万感の思いで観てまいりました。
 店主自身、なんでこれまでライブ未体験だったんだろうと思い返してみると、それもそのはず、フェスへのスポット参加は何回かあった彼らですが、単独公演は実に1987年以来29年振り!
 しかも、会場は満杯で2400人というスタジオコースト。
 UKきってのモンスターバンドが演るにしては、考えられない「小バコ」であります。
 なにはともあれ期待に胸を震わせ店主、木場へ。
  
 石野卓球氏によるニューオーダー愛に溢れたDJプレイがたっぷり続いた後、夜8時を回ってようやく真打登場。
 あぁ、目の前に彼らがいるー。
 ステージ前に押し寄せる殺気だった人の波に紛れて、店主も負けじと前進を試みるも、道半ばで敢え無く跳ね返されなんとすってん尻餅。
 瞬間おびたたしい人の足に囲まれ身の危険を感じる店主。
 が、周囲の聴衆意外に冷静で事なきを得、態勢立て直しそのまま、ジャンピング開始!
 2曲目の「Regret」では歓喜のあまり意識が少々ぶっとんでしまって...。
 そんなステージに釘づけになってぴょんぴょん跳ねてる店主の肩を「おっさん、おっさん」と言わんばかりにぽんぽん叩く人が。
 あー、嫁さん。
 オープニングから数曲の間、脳内にぶちまけられたエンドルフィンが、恐ろしや連れ立って来た彼女の存在を忘れさせてしまったようです。
 週末クラブに転身するこの箱の利点は、当然ながらダンスフロアの出入りが簡易なこと。
 我に返った汗だくの「おっさん」店主が、若い衆で溢れかえるステージ近くから一旦退却してビールでチルアウトしたのはいうまでもありません。

 アンコールは立て続けにこの2曲、「Blue Monday」とニュー・オーダーの前身、ジョイ・ディヴィジョンのカバー「 Love Will Tear Us Apart」。
 バンドのプロフィールをよく知るファンにとって、この構成は感涙もの。
 ボーカル、イアン・カーティスの自死によって活動停止に追い込まれたジョイ・ディヴィジョンの残されたメンバーたちは、ニュー・オーダーを名乗り、試行錯誤の音作りの末、起死回生の大ヒット「Blue Monday」を世に送り出す...。
 開店以来当店の壁をずっと飾ってきたのが、大きな黄色いシルクスクリーンと黒いレコードジャケット。
 実は、前者が所属レコード会社、ファクトリー主催のライブイベントへのジョイ・ディヴィジョン出演を告知する復刻ポスター。後者は、凝り過ぎたデザインが災いして一枚売れるごとに2ペンスの損失を被ったという曰くつきの「Blue Monday」の12インチシングルなのでした。
  
 ほろ酔い加減でフロアとホールを行き来しながら、「観た」というより「共有した」感じのコンサートは2時間に及びました。
 なんて心地よく自由なる時間。
 ファクトリーの創始者トニー・ウィルソンと共同で仕掛けた伝説のクラブ、マンチェスターにあったあの「ハシエンダ」にもこんな時間が流れていたのでしょうか。
 去年リリースした10年ぶりの新譜は原点回帰を目指したといいます。
 彼らがどこまで意思表示して今回のクラブライブを許可したかはわかりませんが、名うてのダンスミュージック・バンド、ニュー・オーダーの29年ぶりの降臨の舞台に、これほど相応しい空間はなかった。
 帰路につく頃には、そんな確信をもって疑わない店主でありました。


2016.05.25 New Order@新木場STUDIO COAST Setlist

01. Singularity
02. Regret
03. Academic
04. Crystal
05. Restless
06. 1963
07. Your Silent Face
08. Tutti Frutti
09. People on the High Line
10. Bizarre Love Triangle
11. Waiting for the Sirens' Call
12. Plastic
13. The Perfect Kiss
14. True Faith
15. Temptation
---encore---
16. Blue Monday
17. Love Will Tear Us Apart (Joy Division cover)
18. Superheated

a0187509_04194418.jpg









[PR]
by arkku | 2016-05-27 05:27 | 雑記