カテゴリ:金曜アルック座( 73 )

 ”好きな映画がロードショー公開された月日に合わせて鑑賞することで当時の季節感を追体験してみたい”シリーズ!
 というわけで、今夜のアルック座は、「コーヒー&シガレッツ」。
 13年前の5月14日に公開されました。

 ジム・ジャームッシュ監督が2000年代に入って最初に発表したのがこの作品です。
 といっても、11の物語からなるオムニバス形式の本作中、最初に撮られたものが1986年だといいますから、出世作「ストレンジャー・ザン・パラダイス」に続いて撮った「ダウン・バイ・ロー」と同時期に仕掛っていたことになります。

 タイトル通り、コーヒーを飲みつつ、煙草を吸いつつ、登場人物たちが取り交わす四方山話が脈絡なく並べられているだけの本作。
 でも、カフェや喫茶店なんかで、なんとなく聞こえてきたお隣りの会話に、ついくすりと笑ってしまうことがありませんか。
 上司と部下、先輩と後輩、親と子供。
 深い仲、浅い仲、初対面。
 ほどなく、その人間関係までわかってきたりして。
 
 コーヒー+煙草は人によってはリラクゼーションに最適な嗜好品ペア。
 そんな人々の無防備な会話の盗み聞きをちょっぴり許してもらいましょう。
 また、普段は店内禁煙をお願いして愛煙家のご常連にはご不便をお掛けしている当店ではありますが、今夜は紫煙をくゆらす気分だけでも味わってくださいませ。
 もうひとつ、本作のミソは、登場人物たちがほぼ有名人で固められていることであります。
 本人たちズバリを演じるイギー・ポップとトム・ウェイツの巻なんか、水と油のような音楽ジャンルを代表する二人のカリスマのぎくしゃくした腹の探り合いに、脚本があるとはわかっていながらも笑いを堪えて見入ってしまいます。

 いつものように夜7時からスタート。
 お楽しみに。

a0187509_15041296.jpg







[PR]
 ”好きな映画がロードショー公開された月日に合わせて鑑賞することで当時の季節感を追体験してみたい”シリーズ!
 というわけで、今夜のアルック座は、「グラン・ブルー」。
 29年前の5月11日に公開されました。

   

 イタリア人フリーダイバー、エンゾはある男を捜していた。
 ギリシアの海辺の町で育ったエンゾはガキ大将で、誰よりも素潜りが得意だったが、彼が唯一認めていたのが、潜水夫の息子である一人の気弱そうな少年だった。

 ニューヨークで働く保険調査員ジョアンナは、自動車事故の調査でペルー、アンデス山脈の高地にいた。そこで彼女は、氷結した湖に酸素ボンベもなしに潜水していく一人のダイバーに出会う。
 ジャック・マイヨール。彼こそがエンゾが捜していた少年の成長した姿だった。

 シチリア島タオルミナで開催されるフリーダイビング競技会。エンゾ、ジャック、そしてジャックを追ってやってきたジョアンナの3人が出会い、運命の物語が始まる。

 何人もの挑戦者たちが、まずはエンゾの記録に挑むが、あえなく敗れる。そしてエンゾの記録を破るのは、当然ながらマイヨールだった。だが、この勝敗の後に寄せてきた荒波とは…。(ウィキぺディアより)


 当初1988年、フランスで公開されたものは、オリジナル版とよばれている上映時間132分のバージョン。
 公開後パリで、ある車が大ブームになります。
 本作を敬愛されてる方はピンとくるかもしれませんが、ジャン・レノ演じるエンゾの愛車、フィアット500がそれです。
 本作に「いかれた」若者たちは、とどまることなく増殖し、フランスに流行語大賞があるかどうか知りはしませんが、「グラン・ブルー・ジェネラシオン」という言葉が生まれるほどの騒ぎに。

 ともなって、パリでは187週という超ロングラン上映されることになります。
 対照的に日本では、同年8月、仏オリジナル版を12分カット編集したいわゆる国際版が、「グレート・ブルー」の邦題で公開されるも、1週で打ち切られた新宿プラザをはじめ惨憺たる興行に終わり、この時点では陽が当たることはありせんでした。

 その後本国フランスでは、オリジナル版公開の半年後1989年1月に、
関係者の熱望によって37分長い無編集版が「グラン・ブルー完全版」として公開されます。

 映画好きやフランス情報通の口コミを中心に、それまで静かに拡散していた日本の「グラン・ブルー・ジェネラシオン」も徐々に話題に上り始め、ついに日本でも1992年6月、「完全版」が、大惨敗から4年ぶりにロードショー公開される運びに。
 店主も、この時は長蛇の列に並び、偏愛してきた映画の「晴れ姿」を渋谷でスクリーン鑑賞しております。

 仏オリジナル版、米国版、国際版、完全版と、さまざま存在する「グラン・ブルー」ですが、今夜のバージョンは、仏語吹替え完全版。
 今や傑作の呼び声高いこの「海の映画」は、10歳のとき、モロッコの海でイルカと出会って以来、リュック・ベッソン監督が映像化を長く温めていた題材でした。

 いつものように夜7時からスタート。
 どうぞ、ご堪能あれ。

a0187509_17344121.jpg








 
  
 

 
[PR]
 ”好きな映画がロードショー公開された月日に合わせて鑑賞することで当時の季節感を追体験してみたい”シリーズ!
 というわけで、今夜のアルック座は、「ビッグ・ウェンズディ」。
 39年前の5月1日に公開されました。

 
 1960年代初め、カリフォルニアの海辺の町で、マット、ジャック、リロイを中心とする若者たちで作るサーフィン・グループは、水曜日にやって来るという世界最大の波“ビッグ・ウェンズデー”に挑戦することを夢見ていた。
 そんな頃、彼らにもベトナム戦争の徴兵令状がきた。グループの大半が懲兵を免れようとしている中で、優等生だったジャックは懲兵検査を受けて、ベトナムへと出征していった。
  ベトナム戦争が終わった1970年代の半ば、彼らが待ちに待った、“ビッグ・ウェンズデー”の日がやってきた。ジャック、リロイ、マットの3人は再会を喜び、サーフボードに乗って“ビッグ・ウェンズデー”に向かっていったのだった。(ウィキペディアより)


 タイトルバックに映し出されるモノクロ写真の数々。それは、波をつかまえてばっちりポーズを決めてるサーファーだったり、ビーチに集う若者たちの平和なひとときだったりするのですが、一番最後に一人の若いサーファーの顔が映ります。
 その挑むような目つきのいかつい顔の若者こそ、本作監督ジョン・ミリアスその人です。
 南カリフォルニア、マリブ育ちの彼は、生粋のサーファーとして青春時代を過ごしており、本作はその頃の体験が下敷きになっているとのことなので、この若き日のポートレイトは、「ビッグ・ウェンズディ」が彼の半自伝的映画であることの意思表明ともとれます。

 青春映画の定石として、若さを持て余して奔放に行動する若者たちを描く一方で、彼らを温かく見守る大人の視線を用意しておくということがあります。
 たとえば、「アメリカン・グラフィティ」で、大学進学を躊躇しているリチャード・ドレイファスに人生の道を示唆するDJウルフマン・ジャック(本人役で出演)であったり、「ダイナー」で、万事休すと思われたミッキー・ロークの借金の肩代わりをする人情味厚いベーグルというおじさんであったり。
 本作における、そういう役回りが、マットたちの尊敬を集める元サーファーでシェイパーのベアーという人物。
 ちなみに、主役のマットのモデルになっているのは、ジョン・ミリアスの一つ年上でマリブの帝王と謳われたサーファー、ランス・カーソンであり、このランスのサーフスタイルに影響を与えたのが、マリブの伝説的サーフショップ「べルジー&ジェイコブス」のシェイパー、デイル・ベルジーとハップ・ジェイコブス。お判りでしょうが、この2人のレジェンド・シェイパーがベアーのモデルであります。
 本作の主要な登場人物の人間関係は、現実とリンクしているというわけですね。
 

 「ビッグ・ウェンズディ」がハリウッド製の薄っぺらいサーフィン映画に陥らなかったのは、ジョン・ミリアスという監督の個性にほかなりません。
 あのいかつい顔からは想像しがたいのですが、本人曰く、かなりのロマンチスト。
 その証拠に、本作は、男と男、そして男と女の「永遠に続かない故に美しい青春」が実に思い入れたっぷりに描かれていて、そんな感傷に浸りたい向きにはたまらない名シーンがてんこ盛りであります。
 そして本作最大の見せ場である、ロングボードの名手を一堂に集めて撮られたサーフシーンがやはり見事で、マットたちが伝説の水曜日の大波に挑むハワイロケのクライマックスは、今でも語り草のド迫力です。

 実はこの場面、15フィート超の大波にテイクオフをするジョン・ミリアスがちゃっかり映っています。
 まさに、ハリウッドきってのサーフ狂、面目躍如のスーパーエキストラでありました。

 いつものように夜7時くらいからスタート。
 お楽しみに。

a0187509_13493541.jpg










[PR]
 ”好きな映画がロードショー公開された月日に合わせて鑑賞することで当時の季節感を追体験してみたい”シリーズ!
 というわけで、今夜のアルック座は、「アメリ」。
 16年前の4月25日に公開されました。


少女の頃から空想の世界で遊ぶのが好きだった22歳のアメリ。古いアパートで一人暮らししながらモンマルトルのカフェで働く彼女は、他人を少しだけ幸せにするお節介を焼くのが楽しみ。そんなある日、遊園地のお化け屋敷とセックスショップで働く不思議な青年ニノに出会う。彼の、スピード写真のブース周辺に捨てられた写真をストックしたアルバムを拾ったアメリは、悪戯を仕掛けようとするうち、ニノに恋してしまう。しかし内気なアメリは恋に真正面から向き合うことができず、かくれんぼのような駆け引きが続く...。(KINENOTOより抜粋)


 今を時めくウェス・アンダーソン監督の「グランド・ブタペスト・ホテル」公開の際、論評する方々が、そのめくるめくカラフルでキッチュな映像美と時折挟み込まれるブラックな笑いを分かりやすく伝えようとして引き合いに出していたのが、この「アメリ」。
 公開が2001年ですから、思えばジャン・ピエール・ジュネ監督が本作で紡ぎあげた世界は、当時としては斬新奇抜を極めたものだったと思います。
 おそらく、「おしゃれな匂いはするけれど、難しそう」とフランス映画に微妙な距離を置いてきた日本のオリーブ少女たち(雑誌オリーブが休刊に追い込まれたのは2003年)にも抵抗なく受け入れられたはずです。
 結果観客が呼べるフランス映画として、興行成績16億のヒット作となりました。

 店主は「アメリ」を映画館で観たことがありませんでした。
 念願のスクリーン観劇はつい先日の「午前十時の映画祭」にて。
 赤や緑の暖色が氾濫する甘々の少し嘘くさい色彩美術、全編に流れるヤン・ティルセンの詩的でミニマルなスコアに目と耳は惑わされっ放しです。
 そして、なんといってもオドレイ・トトゥの愛らしさにはまったく困ってしまう。
 ジュネ監督が白羽の矢を立てた女優の降板により実現したキャステイングとのことですが、たとえば、マリリン・モンローの「ティファニーで朝食を」が想像できないように(役どころが娼婦という設定だったため、当初交渉していたモンローが難色を示し、代わってオードリー・ヘップバーンが登板することに。)、まるでアメリそのものといったオドレイ以外に本作の主役は考えられませんよね。
 監督が彼女の存在を知ったのは、偶然目にしたポスターだったらしいですし、ヤン・ティルセンに音楽を依頼したのも彼の曲を車中でたまたま聴いたことがきっかけなんだとか。
 映画の神様っていると思います。
 どのピースが欠けても「アメリ」じゃなくなってしまいますもんね。
 
 いつものように夜7時からスタート。
 お楽しみに。

a0187509_14350534.jpg







[PR]

 ”好きな映画がロードショー公開された月日に合わせて鑑賞することで当時の季節感を追体験してみたい”シリーズ!

 というわけで、今夜のアルック座は、「フィールド・オブ・ドリームス」。

 28年前の本日4月21日に公開されました。


 古い話ではありますが、1910年代のアメリカメジャーリーグに、ジョー・ジャクソンという選手がおりました。
 生涯打率.356という強打者であり、アメリカ野球殿堂入りの第一号選手タイ・カップに「彼のグローブの中で三塁打は死ぬ」とまで言わしめた堅守の名レフトでもあった選手です。
 殿堂入りも確実だった彼の人生の歯車が狂ったのは1920年32歳のとき。
 1919年のワールドシリーズでの八百長事件に関わったとして、メジャーリーグから永久追放されてしまいます。
 
 今だに復権運動が根強く続いているこの悲運のヒーローには異名があります。それは、マイナーリーグ時代に、しっくりこないスパイクを履いていて足にマメができたため、裸足でプレーを続けたという彼のエピソードからつけられました。
 そう、映画「フィールド・オブ・ドリームス」で、主人公が造ったトウモロコシ畑のなかの野球場に忽然と現れるあの野球選手が、まさしく”シューレス”ジョーその人です。

アイオワ州の田舎町に住むレイ・キンセラは農業でなんとか家計をやりくりする、一見普通の貧乏農家。ただ、若い頃に父親と口論の末に家を飛び出し、以来生涯に一度も父の顔を見る事も、口をきく事すらもなかった事を心の隅で悔やんでいる。

ある日の夕方、彼はトウモロコシ畑を歩いているとふと謎の声("If you build it, he will come." = 「それを造れば、彼が来る」)を耳にする。その言葉から強い力を感じ取った彼は家族の支持のもと、周囲の人々があざ笑うのをよそに、何かに取り憑かれたように生活の糧であるトウモロコシ畑を切り開き、小さな野球場を造り上げる。

その後しばらく何も起きなかったが、ある日の晩、娘が夕闇に動く人影を球場にみつける。そこにいたのは“ブラックソックス事件”で球界を永久追放され、失意のうちに生涯を終えた“シューレス”ジョー・ジャクソンだった。

 何故アイオワのトウモロコシ畑のなかに野球場を造らなければならなかったのか。 
 主人公レイは、自ら「撒いた種」の答えを探す旅に出ます。
 全盛期にユニフォームを脱がなければならなかった伝説の野球選手のため?
 若者たちのバイブルのような本を書き上げながらも隠遁してしまった小説家のため?
 徐々に解き明かされていく答え。
 でも、真実の答えにはまだ辿り着いてはいないような気が...。
 
 旅から戻ったレイが最終的に野球場で体験する「答え」はまさに奇跡。
 店主は毎回ここで涙腺崩壊であります。
 ネタバレになるので、ここは是非鑑賞してもらうとしましょう。
 この素晴らしきファンタジーの結末が荒唐無稽であることは否めませんが、一方で甚だしい感情移入をしてしまうのもまた否めません。
 それは、この奇跡が天地が引っくり返るような大事ではなく、主人公レイの個人的な悔恨に根差して描かれているからでしょう。

 
いつものように、夜7時頃からスタート。
 お楽しみに。
 

a0187509_14205051.jpg





[PR]
 ”好きな映画がロードショー公開された月日に合わせて鑑賞することで当時の季節感を追体験してみたい”シリーズ!
 というわけで、今夜のアルック座は、「アニー・ホール」。
 40年前の4月20日に公開されました。

ニューヨークの山の手に住むユダヤ系のアルビーはTVやナイトクラブのトークショーで稼ぐ漫談芸人。歳の頃は40、離婚歴1回のド近眼メガネ人間だ。そんな彼がある日、友人のTVディレクターのロブ達とテニスに行って、1人の美人と出会った。会話もユニークな彼女の名は、アニー。どこか屈託のない童女の雰囲気の彼女に出会ってからアルビーが変わった。アニーとのデートが日課の一つになったのだ。2人が同棲生活に入ったのはそれから間もなく。お互いにのぼせあがっていた2人も時がたつにつれて、お互いのアラが目についてきた。アルビーの周りには、なぜかTV局の女ロビンやアリソンがいて、アニーはそれが気になる。アルビーもアニーのつかみどころのない生き方がわからない。ましてアルビーは、男の独占欲にめざめてきたのだ。行きづまった2人の関係。2人は精神分析医の所に行き、2人の溝は埋まったかに見えた。だがそんなある日、アニーがいつものようにクラブで歌っていると、プロ歌手トニーが彼女の歌をほめ、カリフォルニアにくるようにすすめる。彼女は有頂天になり、精神状態も全快へとむかったが、アルビーはまだダメ。彼はアニーとトニー、果てはロブの仲まで疑い出したのだ。もうこうなってはおしまいだ。2人は別居を決意し、アニーはカリフォルニアに飛んで行った。一方、残されたアルビーを襲う寂寥感。アニーの後を追い、カリフォルニアに行き、やり直そうとアニーに迫るアルビーだったが、今のアニーは歌手としての成功の方が気になっていた...。(KINENOTOより抜粋)

 とにかく会話で埋め尽くされた映画であります。
 単純にいうと、セラピー通い15年という神経質で理屈っぽいアルビーが速射砲的おしゃべりであるということに尽きるのですが、合わせて多用されるカメラの長回しが、彼の性質をさらに増幅させて分からしめる効果を果たしているわけです。
 またときには、聞いてもらいたくて我慢できないとでもいうようにカメラ目線で観客に向かってしゃべり始めるアルビー。
 いわゆる「第四の壁(フィクションの世界と現実世界を隔てる概念的境界)」を壊してまで、愛してやまなかったアニーとの破局話を切々と吐露するのであります。
 映画的手法のおもしろさはもちろんですが、アルビーのアニーへの想いの膨れ上がったテンションを実に分かりやすく伝える心憎い演出です。
 
 誰かが言ってました、男は恋愛を「名前をつけて保存」することしかできない。
 すでに「上書き保存」してしまっている女のことをを、アルビーのようにいつまでもうじうじと思い返すというわけ。
 アメリカで最も著名な映画評論家であるロジャー・イーバートは本作を評していいました、「おそらく誰もが好きなウディ・アレン映画」であると。
 世間一般的な評価もまた同様でありましょう。
 心当たりがある「名前をつけて保存」男はやはり多そうであります。

 いつものように夜7時からスタート。
 お楽しみに。

a0187509_15590693.jpg






 

[PR]
 ”好きな映画がロードショー公開された月日に合わせて鑑賞することで当時の季節感を追体験してみたい”シリーズ!
 というわけで、今夜のアルック座は、「冒険者たち」。
 50年前の4月12日に公開されました。

レーシングエンジンの開発に取り組む中年の自動車技師ローランと、その友人で、若くハンサムなパイロットのマヌー、そして、ある日ローランの工房に廃材探しにやってきた駆け出しの前衛彫刻家レティシア。それぞれの夢を持った三人は、その実現のために互いに支え合い、絆を深めていく。

しかし、やがて彼らの前に厳しい現実が訪れる。マヌーは所属する飛行クラブの会員から請け負った映画会社の仕事──凱旋門の下を飛行機でくぐり抜け、それを撮影するというもの──に挑むが失敗。そのうえ危険飛行のペナルティとしてパイロットライセンスをはく奪されてしまう。一方ローランは完成したエンジンを車に搭載し、自らテストドライブを行うが、走行中に異常が発生してエンジンは爆発。そしてレティシアも、工面してようやく開いた個展の内容を批評家たちに酷評され、成功の道を閉ざされる。

傷心の三人は一攫千金を狙って一路コンゴの海に向かう。そこには数年前のコンゴ動乱の際に国外脱出を図って墜落した飛行機が、莫大な財宝を積んだまま沈んでいるというのだ──。(ウィキペディアより抜粋)


 少し前のアカデミー賞授賞式に、プレゼンターで登場していたシドニー・ポワチエ。
 実は、黒人俳優として初めてオスカーを獲った彼の愛妻が、本作で、アラン・ドロン、リノ・バンチェラとの淡い三角関係に揺れるレティシアを演じたジョアンナ・シムカスであります。

 やはり、男性2人女性1人というキャラクタ―設定をとっているリュック・ベッソン監督の「グラン・ブルー」が、本作から多大なる影響を受けて撮られたというのは、周知のこと。
 ただ、「グラン・ブルー」のロザンナ・アークエットも、飾らない魅力をスクリーンに大いに発散してはおりますが、キャリア絶頂で銀幕を去り、時代を象徴するかのような”レティシア”の残像を映画ファンの心に焼き付けたジョアンナ・シムカスとは比にならないという口の悪い人もいます。
 本作における彼女の美しさは確かに圧倒的でありますが、当時の仏映画界を代表するいい男っぷりの二人に惚れられる役どころなわけですから、ヒロイン創りには、監督ロベール・アンリコもかなり注力したことは想像に難くないわけで。
 少々ややこしいですが、「グラン・ブルー」でロザンナ・アークエットが演じたニューヨークで働く保険調査員の役名はジョアンナ。
 こんなところにも、ベッソン監督の「冒険者たち」への思い入れが見え隠れします。

 映画を忘れがたいものにする要素として音楽は重要ですが、ベッソン作品がエリック・セラの音楽抜きで語れないように、フランソワ・ド・ルーペのスコアも本作に大いに貢献しております。
 たとえば、タイトルバックにいきなり流れるテーマ曲。これがなんとも不可思議な構成の曲で、ピアノとオケのスリリングでアップビートな部分と、口笛が奏でるリリカルでダウンビートな部分が交互に顔をのぞかせます。
 正確にはテンポは変化していないのにもかかわらず、まったく異質な印象のパートが同一線上に完璧に連なっているのです。
 3人が宝探しに出かけるコンゴの美しい海の情景、海に浮かぶ城塞島で繰り広げられる緊張の銃撃戦などなど。同じ映画とは思えないほど、シークエンスによって、がらりと変わる空気感。
 本作の魅力は、そういった異質なシークエンスが淡々と連なって出来上がっているところでもあり、冒頭の例のテーマ曲は、そういった穏やかな波乱を予感させるものがあります。

 ナポレオンが造ったという城塞島全景を空撮で延々と映し出す有名なラストシーン。
 哀しくほろ苦い青春の墓標ともみえたこの島、フォール・ボワヤールは、近年、テレビ番組の宝探しゲームの舞台として使われているんだとか。
 それはそれで、少々哀しいものがあります。
 
 いつものように、夜7時くらいからスタート。
 お楽しみに。




a0187509_05514733.jpg

 


 


[PR]
 ”好きな映画がロードショー公開された月日に合わせて鑑賞することで当時の季節感を追体験してみたい”シリーズ!
 というわけで、今夜のアルック座は、「かもめ食堂」。
 11年前の2006年3月11日に公開されました。

フィンランドのヘルシンキに“かもめ食堂”という小さな食堂をオープンした日本人女性サチエ。シンプルな“おにぎり”を看板メニューに、フィンランドの人にも日本食のおいしさを伝えたいと張り切るが、やって来たお客は日本のアニメが好きなおたく青年だけ。それでもめげずに淡々と営業を続けるサチエは、やがて訳ありな2人の日本人女性と出会うのだった...(allcinemaより抜粋)

 本作を観て、カフェ開業を志した方も結構いらっしゃるのではないでしょうか。
 ヘルシンキでオールロケされた本作は、作中ふんだんに散りばめられたデザイン強国フィンランドを代表的する家具、食器、衣装が話題を呼び、北欧大好き女子の熱狂的支持を獲得。シネスイッチ銀座の初日動員記録を更新するなどヒット作となりました。
 
 店主の場合、開業動機は学生時代まで遡るので、「かもめ」がきっかけというわけではないのですが、当店オープン前、屋号に苦慮していた店主が、苦肉の策でフィンランド語日本語辞典を手にして、Aの部から字面優先で探していって行き当たったのが「ARKKU」でした。
 この「ARKKU」、日本語で「箱」という意味になりますが、広義としては、おもちゃ箱からお棺まで、箱型形状の物全般にわたっている感じです。

 カフェがオープンしてしばらくしたある日、奥様がフィンランドの方だというご夫婦が来店されました。
 奥様曰く、母国で「ARKKU」というと、一般的に、お嫁入りの際に持参する大きな箱(冒険小説に出てきそうな宝箱のイメージでしょうか?)のことで、中には衣類やらベットリネンやらレース飾りを詰め、実家に余裕があるほど大きなものになるんだとか。
 ただ、習わし的にはなくなりつつあるようで、「ARKKU」自体は、居間や玄関のインテリアとして売られていることが多くなってるとのことでした。

 さて、「かもめ」の話に。
 登場人物たちの最後まで暴かれることのない背景、劇的展開のない展開。
 この映画が、ながら見向きとか、BGV代わりとかいわれてしまう所以なのでしょうが、映画の定石を取っ払ったからこそ守れたのが、「かもめ」全編に一貫して流れるゆったり感だともいえます。
 「かもめ」が観たくなるときは、あの異国の食堂にのんびり流れている時間に戻りたいとき。
 店主的には、いつの間にやら、そんな居心地のよさが享受できる「場所」みたいな映画になっておりました。

 いつものように夜7時からスタート。
 お楽しみに。

a0187509_06570338.jpg





[PR]
 ”好きな映画がロードショー公開された月日に合わせて鑑賞することで当時の季節感を追体験してみたい”シリーズ!
 というわけで、今夜のアルック座は、「ディーバ」。
 36年前の1981年3月11日に公開されました。

郵便配達員ジュールはオペラ歌手シンシア・ホーキンスのファンで、パリ公演にやってきた彼女のリサイタルを隠れて録音する。前回の公演では彼女のドレスを盗んだため、返却するために彼女の宿泊ホテルを訪れる。最初は憤慨したシンシアも素朴なジュールと話すうちに心を許し、二人は親密になっていく。その一方で、ジュールの録音したリサイタルテープと、瀕死の売春婦がジュールのミニバイクのカバンに滑り込ませたテープの2本が発端となり、それぞれのテープを追う2組の敵から追われる身となったジュールは、ベトナム人少女アルバとその恋人ゴロディッシュに助けられる...(ウィキペディアより抜粋)

 初めて観たのは、今はなき高円寺の名画座。
 サスペンス、ロマンス、アクション等々、映画のおいしいところが満載なうえ、監督がフランス人、ロケ地がパリとくれば、公開当時誰が考案したか、「ニュー・フレンチ・アクション・シネマ」という吹いてしまいそうな宣伝文句をつけた気持ちもわかります。
 確かに、ジュールの逃走手段に小回りの利くモビレッタ(いわゆる原付)を使う発想はおもしろい。
 刑事の乗る車のしょぼいヘッドライトに、こじんまり浮かび上がっては消え去るパリの夜の街の情景が、疾走感とともに新鮮に映ります。
 いよいよ追い詰められたジュールがバイクもろとも突っ込んだのがメトロの入口。
 長い長い階段を転がり落ちるようにして原付バイクは構内の奥へ。
 意外な侵入者に目を丸くして進路を開ける人々。
 車を乗り捨てた刑事が執念で迫りくると、プラットホームに滑り込んできた車両に間一髪原付ごと乗り込むジュール。
 それでも、あきらめない刑事は走り出した車両最後尾に果敢にしがみつくのでした...
 さて、ジュールの運命やいかに。
 
 先の宣伝文句に従えば、このあたりは見どころとなりましょう。
 帰路につく店主も映画の興奮冷めやらず、バイクのスロットルをつい吹かしてしまったように思います。(当時の移動手段はニイハンのバイクでありました。)

 ジャン=ジャック・ベネックス監督作品では、代表作「ベティ・ブルー」を推す人が多そうですですが、店主は本作のほうがお気に入りです。
 長編デビューとなる本作において、温めていた映像化の案件や小道具使いのアイディアが一気に実現できた監督の喜びがひしひし伝わってきますから。
 自身も言っているように、根っからのシネマ・オタクぶりが次々弾け飛ぶ大傑作。
 いつものように夜7時からスタート。
 お楽しみに。

a0187509_13333448.jpg






 
[PR]
 ”好きな映画がロードショー公開された月日に合わせて鑑賞することで当時の季節感を追体験してみたい”シリーズ!
 というわけで、今夜のアルック座は、「グランド・ブタペスト・ホテル」。
 3年前の2014年3月7日に公開されました。
 

1930年代、仮想の国ズブロフカ共和国が物語の舞台である。また、時間軸は1930年代と1960年代、現代の3つである。名の知れたホテルのコンシェルジュあるグスタヴ・Hはマダム・Dと一夜を共にする。その後、マダム・Dは何者かに殺されてしまう。彼女は遺言で「リンゴを持つ少年」の絵をグスタヴに譲ろうとした。しかし、マダムの息子ドミトリーはグスタヴに母を殺した罪を着せて復讐しようとしていた。グスタヴはドミトリーに絵を奪われないように、ベルボーイのゼロとその思い人のアガサの力を借り、ヨーロッパ大陸を飛び回るのだった。(ウィキペディアより)

 監督は、ウェス・アンダーソン。
 これだけ注目を浴びる映画監督も近年では珍しくなりました。
 次回作を待望する熱狂的ファン、出演を熱望する多くの俳優たちはもちろん、美術セットをパクるインテリアデザイナーやコレクションテーマのネタ元にしようというファッションデザイナーまでいるというのですから、その影響力たるや、ハリウッドの枠にとどまらず絶大なものがあります。
 映像作家としての傑出した技量を評価される彼ですが、加えて、この人なかなかのグッドルッキングガイ。
 往年のヒッチコックやウディ・アレンには失礼ですが、業界のアイコンとなるべく要素をこの上なく備えているわけです。

 さて、本作「グランド・ブタペスト・ホテル」は、そのウェス・アンダーソンの最新作にして最大のヒット作になりました。
 あの夏の暑い日の昼下がり、上映館を探し求めて、新宿、銀座を歩き回ったものの、結局観れなかった本作。

 もちろん、心待ちにしていたDVDレンタル解禁後、当店特設スクリーンにて速攻拝見いたしましたが。


 いつものように、夜7時からスタート。
 お楽しみに。


a0187509_15112082.jpg





[PR]