ストレンジャー・ザン・パラダイス

 ”好きな映画がロードショー公開された季節感を追体験してみたい”シリーズ!
 というわけで、今夜のアルック座は、「ストレンジャー・ザン・パラダイス」。
 32年前の1984年9月29日公開(米国)されました。

 
ハンガリー出身で、ニューヨークでギャンブラーとして生計を立てているウィリーの元に、クリーブランドに住む叔母から電話があり、彼女が入院する10日間、ブタペストから来た従妹のエヴァを預かることになる。風変わりなエヴァと無愛想なウィリーのあいだではなかなか会話がかみ合わないが、日が経つにつれ打ち解けていく。ウィリーの相棒エディも交えて、それなりに楽しい日々が続いたが、クリーブランドへ向かわねばならないエヴァ。1年後、エディといかさまポーカーで儲けたウィリーは、共に車でエヴァに会いに行く。恋人もいてホットドッグ店でアルバイトをしているエヴァは二人との再会を喜ぶ。そこで数日を過ごすが、エディーとウィリーは雪に閉ざされたクリーブランドに退屈し、突如としてフロリダへ行くことを思いつく。そして叔母の反対を押し切って、エヴァを連れてフロリダへ向かった...(ウィキペディアより抜粋)


 喜怒哀楽を顔に出さない登場人物たち。逆にいうと、彼らは表情を崩すような状況にほとんど置かれることなく、ニューヨーク、クリ―ブランド、フロリダと舞台を移し物語は進行していくわけです。
 そんな映画のどこがおもしろいのかといわれそうですが、これがそこはかとなくおもしろい。
 
 印象に残る一場面があります。
 男女3人が、冬のクリ―ブランドで退屈しのぎに、エリー湖を観に行くシーンです。
 結局、吹雪による視界不良で、湖どころか認識できる景色は皆無。
 ただただ白く広がる空間を前に、3人は立ち尽くすことしかできなくて...
 
 とことんついていない彼らなのに、その点鈍感というか、不運を置き去りにできる才があるというか。
 観客はそんな彼らの超マイペース振りに、軽い安堵感を覚えつつ、ついくすりと笑ってしまうのです。

 条理極まりなくもごくごく日常的な会話、全編モノクロの余計なものを映しこまない演出、出演者はチョイ役(たとえば、トム・ウェイツとか)含めて、みんな原則的に「デッドパン(無表情)」。
 こんな約束ごとに則って撮られたからこそ成立した悲しきコメディー。
 才人、ジム・ジャームッシュ監督、1984年の出世作をどうぞご堪能あれ。

 いつものように夜7時スタートです。
 お楽しみに。

a0187509_18572369.jpg




[PR]