ロッキー

 ”好きな映画がロードショー公開された季節感を追体験してみたい”シリーズ!
 というわけで、今夜のアルック座は、「ロッキー」。
 38年前の1976年11月21日に公開されました。

 テレビドラマ一本分ほどの低予算で撮られながら、アカデミー作品賞に輝いた本作のヒットにより、この後、6作目までシリーズ化された「ロッキー」ですが、店主的には、この1作目と2作目以降のシリーズは 全く異質な別物ととらまえております。

 三流ボクサー、ロッキー・バルボアは、ひょんなことから世界チャンピオンと対戦するチャンスに恵まれます。
 ジョッキ一杯の生卵を飲み干し、くたびれたスエット姿で、夜明け前のフィラデルフィアの街を美術館に向けて一人走り出すロッキー。対戦に向けて、こうしてトレーニングを初めた彼でしたが、誰がみてもこの時点では、世界チャンピオンが待ち受けるリングはとてつもなく高い頂のように思われます。
 しかしながら、徐々に広がっていく善意の輪に支えられ、ロッキーはどうにかこうにか「スラムを代表する挑戦者」としてリングに上がる日を迎えられます。
 
 

 ロッキーが「生身の人間」として描かれていたのは本作にとどまっていて、これ以降の一連のシリーズは、ある意味「ロッキー」のパロディムービーといえるかもしれません。
 店主にとって、ギリシャ彫刻のような筋肉をまとい、この世のものとは思えないような強敵を倒していく超人ロッキーに、明け方の凍てついたフィラデルフィアの街をよれよれスエットで走っていたロッキーを重ねることは、飛躍の域を超えているものがあります。

 ところで「ロッキー」には、もう一つのエンディングが用意されていた事実をご存知でしょうか。
 リング上でエイドリアンと抱擁を交わすロッキーの腫れあがった顔の大写しで終わるお馴染みの幕切れとは別に、控室で待っていたエイドリアンとロッキーが連れ立って、会場の裏口からひっそり出て行ってお終いというもの。(こちらのシーンはポスターにその名残りをとどめております。↓)
 アメリカンドリームというお伽話を終わりにして、ささやかなる現実世界へ二人して帰ることを暗示するようなこちらの結末もまたよいですねぇ。
 もしも採用されていたとしたら、自分というものの証明を一義にした戦いに挑む男のストーリーという本質が、よりすっきり伝わってくるラストになったであろうと思います。
 

 大根も名優へと変貌を遂げる。
 「脚本家」スタローンが周囲の反対を押切って、自作「ロッキー」の主役にこだわり、それは本人の確信通りはまり役になりました。
 そしてフィラデルフィア美術館の正面階段を駆け上るロッキーさながらに、彼がスターの座を勝ち取りアメリカンドリームを成し遂げた「ロッキー」。
 いつものように、夜7時くらいからスタートします。
 お楽しみに。

a0187509_20203530.jpg




[PR]