”好きな映画がロードショー公開された月日に合わせて鑑賞することで当時の季節感を追体験してみたい”シリーズ!
 というわけで、今夜のアルック座は、「ブルース・ブラザース」。
 37年前の本日6月16日に公開されました。


シカゴ郊外の刑務所を出所したジェイクと、彼を迎えに来た弟のエルウッドは、兄弟を育ててくれた孤児院に出所の挨拶に行くが、そこで、孤児院が5000ドルの税金を払えないため立ち退きの瀬戸際にあることを知る。孤児院の危機を救うため援助を申し出る二人だが、犯罪で得た汚れた金は要らないと逆に院長に追い払われてしまう。なんとか孤児院を救いたい二人はかつて孤児院で世話を焼いてくれたカーティスに相談すると、ジェームス牧師の移動礼拝に出席することを勧められる。気乗りのしないジェイクをエルウッドが礼拝に無理矢理連れてくると、ジェームス牧師の説話を聞いていたジェイクは突然神の啓示を受ける。「汝 光を見たか?」「そうだ!バンドだ!」こうしてふたりは、昔のバンド仲間を探し出しあの手この手でバンドに引き入れ、音楽で金を稼いで孤児院を救う「聖なる任務」に立ち上がったのだが、行く手にはシカゴ中の警官、マッチョなカントリー・ミュージック・バンド、ネオナチ、そしてジェイクの命を付けねらう謎の女が待ち受ける。(ウィキペディアより抜粋)



 言わずと知れた、ブルース、R&B、ソウルといったアメリカ黒人ミュージックへのオマージュに満ちたミュージカル・スラップステックコメディの傑作。
 牧師役にジェームス・ブラウン、バンドメンバーの妻にアレサ・フランクリン、楽器店店主にレイ・チャールズ、聖歌隊メンバーにチャカ・カーンといったR&Bの大御所たちの豪華な配役も話題になりましたが、ジェイクをつけ狙う「あぶない」女にレイア姫ことキャリー・フィッシャー(スター・ウォーズ最新作で30年振りにレイア姫を演じてくれましたが、残念ながら1月60歳で死去。)、納税課職員といったチョイ役にスティーブン・スピルバーグまで担ぎ出しているんですから、キャスティングひとつとっても見どころ満載の本作であります。

 監督のジョン・ランディスは、あのマイケル・ジャクソンの「スリラー」を撮ったことでも知られていますが、後年のインタビューで、「ブルース・ブラザース」に対してある後悔を漏らしております。

 黒人音楽に彩られた本気のミュージカルを撮りたかった彼は、元来コメディアンの主役二人、ジョン・ベルーシとダン・エイクロイドが残念ながら本格的に踊れなかったことにある種の欲求不満を抱いていたらしいのです。

 そういう意味において、マイケルからのオファーには狂喜したでしょうね。なにせ稀代のダンスパフォーマーと組めるチャンスが巡ってきたわけですから。

 おかげで世界一有名なミュージカル・ナンバー?に仕上がったという次第です。


 とはいえ、ジョンとダンのデコボココンビがジタバタ踊るのも、これはこれでなかなか味わい深いと思います。
 「身軽なデブ」の本領発揮、ジョンの驚きの連続バク転だってあるし。
 そして、なんといっても、二人のとぼけた「あうん」の演技は代われるものがない得難いもの。
 圧巻のダンスシーンは外せても、これはまさに外せない、本作の根幹であります。

 いつものように夜7時くらいからスタート。
 お楽しみに。


a0187509_16110698.jpg






[PR]
 ”好きな映画がロードショー公開された月日に合わせて鑑賞することで当時の季節感を追体験してみたい”シリーズ!
 というわけで、今夜のアルック座は、「スモーク」。
 22年前の本日6月9日に公開されました。


オーギー・レン(ハーヴェイ・カイテル)はブルックリンの街角で煙草屋を営み、毎日欠かさず店の前の街並を写真に撮ることを趣味にしていた。その店の常連で作家のポール・ベンジャミン(ウィリアム・ハート)は数年前に妻を強盗の流れ弾で失って以来、仕事が手につかない。ぼんやりとして車にはねられそうになったポールはラシードと名乗る少年(ハロルド・ペリノー・ジュニア)に助けられ、彼は感謝の印に風来坊の彼を家に泊めてやる。少年は数日後に出ていくが、数日後その叔母が訪ねて来る。彼の本名はトーマスで、行方不明で心配しているという。そのトーマスは子供の頃生き別れになった父サイラス(フォレスト・ウィテカー)のガソリン・スタンドに行き、素性を隠して掃除のバイトを始める。ポールを再訪したトーマスは、実は強盗現場で落ちていた六千ドルを拾ったことでギャングに追われていると明かす。ポールはトーマスを家に置き、オーギーに頼んで店で雇ってもらう。トーマスはオーギーの密輸キューバ葉巻を台無しにしてしまうが、例の六千ドルで弁償するというのでオーギーは許す。オーギーの所には昔の恋人ルビー(ストッカード・チャニング)が来ていた。実は二人には娘(アシュレイ・ジャッド)がいて、18歳で麻薬に溺れていた。オーギーは娘を麻薬更生施設に入れる資金にしろと、例の弁償の金をそっくりルビーに渡してしまう。ある晩、トーマスに盗んだ金を持ち逃げされたギャングがポールの家を襲う。様子を察したトーマスは姿を消す。負傷したポールとオーギーは息子同然のトーマスの安否を気づかうが、彼は電話で無事を告げてくる。二人はサイラスの所でバイト中のトーマスを訪問し、彼に親子の名乗りをさせる...。(KINENOTEより抜粋)


 いつものように夜7時くらいからスタート。
 お楽しみに。

a0187509_21270265.jpg









[PR]
 ”好きな映画がロードショー公開された月日に合わせて鑑賞することで当時の季節感を追体験してみたい”シリーズ!
 というわけで、今夜のアルック座は、「愛と哀しみのボレロ」。
 36年前の5月27日に公開されました。


 ...両親の才能を引きついでボリショイ・バレエ団の名ダンサーに成長したセルゲイ。その後、彼は西側に亡命...
 ...ナチ収容所送りの途中、両親の機転である駅に置き去りにされた乳飲み子は、その土地の牧師のもとで育てられ、ダビッドと名づけられ成長していた。彼はパリで作家として成功...
 ...私生児として祖父母に育てられたエディットは、パリに出て貧乏暮しをしながらショーガールになり、やがてTVのニュース・キャスターに...
 ...エディットの実の父であるカールは、ヒトラーの前で演奏し認められ、パリで軍楽隊長をしていた過去を持つ。戦後、指揮者として成功した彼は、ニューヨークで米初演を果たすが、ユダヤ人によるチケット買い占めで、観客わずか二人という屈辱を味わう...
 ...人気ジャズミュージシャン、ジャック・グレンは、ヨーロッパ戦線に従軍後、アメリカに戻って妻で歌手でもあるスーザンを交通事故で失う。娘のサラは、親の血を受けて同じく歌手として成功...
 そして、1981年、パリ。トロカデロ広場には、多くの観客がつめかけ、今からはじまるユニセフ・チャリティ・コンサートを息をのんで待ちわびていた。TVの進行役はエディット。踊り手はセルゲイ。指揮者はカール。歌うのはサラ、そしてダビッドの息子であるパトリック。運命の糸にあやつられるようにこれらの芸術家たちが、今、一同に会して、一つの曲ラヴェルの「ボレロ」のもとに結集されるのだった。(KINENOTEより抜粋)


 禍福は糾える縄の如しとはよくいったもの。
 1930年代の戦前から、戦中、そして現在と、半世紀にも及ぶ時間軸。
 パリ、ニューヨーク、モスクワ、ベルリンを行ったり来たりするワールドワイドな舞台の設定。
 登場人物たちは、2世代4家族の人々。しかも、父親と息子、あるいは、母親と娘を、一人の俳優が二役演じるというややこしいようなややこしくないような配役...。
 ともかく、観客は、185分という長尺の本作を観るにあたって、複雑な筋立ての解読作業をずっと強いられるわけであります。
 

 でもでも、労苦は報われる。
 ジョルジュ・ドン演じるセルゲイが「ボレロ」を踊る、あのとっておきのクライマックスが待っていますから。
 最初から最後まで変わることのない同じリズム。メロディも、A、B、2つのパターンだけのラヴェル作曲「ボレロ」。フルート単独で始まり、メロディが繰り返されるたびに楽器構成の厚みが増していきます。そして、音量が最高潮に達したところで終焉。
 監督クロード・ルルーシュの演出の冴えはここに極まり、映画に入れ代わり立ち代わり登場してきた4家族の人々を、この「ボレロ」の演者側と観客側に配し、繰り返されるメロディに合わせて彼らをカットバックしていくわけです。
 この13分に及ぶ「ボレロ」の曲想そのものが、本作に描かれた4つの家族史を束ねて象徴しているかのように。

 
 「人生には2つか3つの物語しかない。しかし、それは何度も繰り返されるのだ。その度ごとに、初めての時のような残酷さで。」
 ウィラ・キャザー(米小説家)のこの言葉を本作冒頭で紹介しているルルーシュの意図が、ここにきて解けるわけです。


 いつものように夜7時からスタート。
 お楽しみに。

a0187509_14155939.jpg




[PR]
 ”好きな映画がロードショー公開された月日に合わせて鑑賞することで当時の季節感を追体験してみたい”シリーズ!
 というわけで、今夜のアルック座は、「グランドフィナーレ」。
 2年前の2015年5月20日に公開(伊)されました。

 さてこの映画ですが、フェリーニの継承者、21世紀の映像の魔術師といった最大級の賛辞を集める、イタリアの奇才パオロ・ソレンティーノの最新作であり、今年83歳となる名優中の名優、マイケル・ケインの最新主演作でもあります。 
 ところで、一糸まとわぬダイナマイトボディを前にして、唖然たる面持の爺さん二人。
 アルック座らしからぬ、なんとも悩ましい宣伝ポスターでありますが、ご安心あれ。(日本版ポスターは、女性客を意識したせいでしょうか、ぐっと格調高くデザインされたものに変更されております。)
 これは、本作のテーマ(原題:YOUTH = 若さ)を意識させる象徴的、かつ笑いどころとなるシークエンスからのカットなのです。
 
 店主はこの春Bunkamuraで観たのですが、ソレンティーノ監督の綾なす圧倒的な映像美には、評判通りの力量がほとばしっておりました。
 失われてしまった時間に対する老人の悔恨をセンチメンタルに過ぎるとする批評家もいるようでありますが、非日常的世界に身を委ねさせてくれるのが、映画芸術のもつ醍醐味の一端であるとしたら、アルプスの美しくも厳しい自然に抱かれた高級リゾートホテルに招き入れられた錯覚にしばし浸れる本品は間違いなく第一級です。
 スパで保養する老いた人々の群像ですら輝かんばかりの美しさを放っているのですから。
 もちろん監督の創作動機も明解で、引退した老境の音楽家を演じるマイケル・ケインの枯れた名演技も相まって、年を重ねることで得るもの、そして失うものを静かに啓示してくれる物語でもあります。

 いつものように夜7時くらいからスタート。
 お楽しみに。

a0187509_03180447.jpg
 





[PR]
 毎月最終土曜の夜恒例、アルック・プレゼンツ・”アマデュオス”ボサノバ投銭ライブを5月27日に開催いたします!
 

 3回ステージ(演目は各回変わります)で、1st・PM7時 2nd・PM8時 3rd・PM9時、それぞれスタート。
 ワンステージだけでも、通しで全部聴かれても、お客様次第でOK。

 元々ノンチャージの当店ですが、ライブの夜も席料はございません。
 ただし、彼らの演奏を聴かれて応援したくなったお客さまのために?、投銭入れをご用意いたしますので、お会計の際チャリ~ンと入れていただければ幸いです。

 新緑の季節になりました。
 通りを抜ける薫風とともに、荻窪のちいさなカフェで、ボサノバ・ギターの調べをごゆるりとお楽しみください。

 【お問合せ・ご予約】080・2331・7608(カフェ専用携帯)







[PR]
 ”好きな映画がロードショー公開された月日に合わせて鑑賞することで当時の季節感を追体験してみたい”シリーズ!
 というわけで、今夜のアルック座は、「コーヒー&シガレッツ」。
 13年前の5月14日に公開されました。

 ジム・ジャームッシュ監督が2000年代に入って最初に発表したのがこの作品です。
 といっても、11の物語からなるオムニバス形式の本作中、最初に撮られたものが1986年だといいますから、出世作「ストレンジャー・ザン・パラダイス」に続いて撮った「ダウン・バイ・ロー」と同時期に仕掛っていたことになります。

 タイトル通り、コーヒーを飲みつつ、煙草を吸いつつ、登場人物たちが取り交わす四方山話が脈絡なく並べられているだけの本作。
 でも、カフェや喫茶店なんかで、なんとなく聞こえてきたお隣りの会話に、ついくすりと笑ってしまうことがありませんか。
 上司と部下、先輩と後輩、親と子供。
 深い仲、浅い仲、初対面。
 ほどなく、その人間関係までわかってきたりして。
 
 コーヒー+煙草は人によってはリラクゼーションに最適な嗜好品ペア。
 そんな人々の無防備な会話の盗み聞きをちょっぴり許してもらいましょう。
 また、普段は店内禁煙をお願いして愛煙家のご常連にはご不便をお掛けしている当店ではありますが、今夜は紫煙をくゆらす気分だけでも味わってくださいませ。
 もうひとつ、本作のミソは、登場人物たちがほぼ有名人で固められていることであります。
 本人たちズバリを演じるイギー・ポップとトム・ウェイツの巻なんか、水と油のような音楽ジャンルを代表する二人のカリスマのぎくしゃくした腹の探り合いに、脚本があるとはわかっていながらも笑いを堪えて見入ってしまいます。

 いつものように夜7時からスタート。
 お楽しみに。

a0187509_15041296.jpg







[PR]
 ”好きな映画がロードショー公開された月日に合わせて鑑賞することで当時の季節感を追体験してみたい”シリーズ!
 というわけで、今夜のアルック座は、「グラン・ブルー」。
 29年前の5月11日に公開されました。

   

 イタリア人フリーダイバー、エンゾはある男を捜していた。
 ギリシアの海辺の町で育ったエンゾはガキ大将で、誰よりも素潜りが得意だったが、彼が唯一認めていたのが、潜水夫の息子である一人の気弱そうな少年だった。

 ニューヨークで働く保険調査員ジョアンナは、自動車事故の調査でペルー、アンデス山脈の高地にいた。そこで彼女は、氷結した湖に酸素ボンベもなしに潜水していく一人のダイバーに出会う。
 ジャック・マイヨール。彼こそがエンゾが捜していた少年の成長した姿だった。

 シチリア島タオルミナで開催されるフリーダイビング競技会。エンゾ、ジャック、そしてジャックを追ってやってきたジョアンナの3人が出会い、運命の物語が始まる。

 何人もの挑戦者たちが、まずはエンゾの記録に挑むが、あえなく敗れる。そしてエンゾの記録を破るのは、当然ながらマイヨールだった。だが、この勝敗の後に寄せてきた荒波とは…。(ウィキぺディアより)


 当初1988年、フランスで公開されたものは、オリジナル版とよばれている上映時間132分のバージョン。
 公開後パリで、ある車が大ブームになります。
 本作を敬愛されてる方はピンとくるかもしれませんが、ジャン・レノ演じるエンゾの愛車、フィアット500がそれです。
 本作に「いかれた」若者たちは、とどまることなく増殖し、フランスに流行語大賞があるかどうか知りはしませんが、「グラン・ブルー・ジェネラシオン」という言葉が生まれるほどの騒ぎに。

 ともなって、パリでは187週という超ロングラン上映されることになります。
 対照的に日本では、同年8月、仏オリジナル版を12分カット編集したいわゆる国際版が、「グレート・ブルー」の邦題で公開されるも、1週で打ち切られた新宿プラザをはじめ惨憺たる興行に終わり、この時点では陽が当たることはありせんでした。

 その後本国フランスでは、オリジナル版公開の半年後1989年1月に、
関係者の熱望によって37分長い無編集版が「グラン・ブルー完全版」として公開されます。

 映画好きやフランス情報通の口コミを中心に、それまで静かに拡散していた日本の「グラン・ブルー・ジェネラシオン」も徐々に話題に上り始め、ついに日本でも1992年6月、「完全版」が、大惨敗から4年ぶりにロードショー公開される運びに。
 店主も、この時は長蛇の列に並び、偏愛してきた映画の「晴れ姿」を渋谷でスクリーン鑑賞しております。

 仏オリジナル版、米国版、国際版、完全版と、さまざま存在する「グラン・ブルー」ですが、今夜のバージョンは、仏語吹替え完全版。
 今や傑作の呼び声高いこの「海の映画」は、10歳のとき、モロッコの海でイルカと出会って以来、リュック・ベッソン監督が映像化を長く温めていた題材でした。

 いつものように夜7時からスタート。
 どうぞ、ご堪能あれ。

a0187509_17344121.jpg








 
  
 

 
[PR]
 ”好きな映画がロードショー公開された月日に合わせて鑑賞することで当時の季節感を追体験してみたい”シリーズ!
 というわけで、今夜のアルック座は、「ビッグ・ウェンズディ」。
 39年前の5月1日に公開されました。

 
 1960年代初め、カリフォルニアの海辺の町で、マット、ジャック、リロイを中心とする若者たちで作るサーフィン・グループは、水曜日にやって来るという世界最大の波“ビッグ・ウェンズデー”に挑戦することを夢見ていた。
 そんな頃、彼らにもベトナム戦争の徴兵令状がきた。グループの大半が懲兵を免れようとしている中で、優等生だったジャックは懲兵検査を受けて、ベトナムへと出征していった。
  ベトナム戦争が終わった1970年代の半ば、彼らが待ちに待った、“ビッグ・ウェンズデー”の日がやってきた。ジャック、リロイ、マットの3人は再会を喜び、サーフボードに乗って“ビッグ・ウェンズデー”に向かっていったのだった。(ウィキペディアより)


 タイトルバックに映し出されるモノクロ写真の数々。それは、波をつかまえてばっちりポーズを決めてるサーファーだったり、ビーチに集う若者たちの平和なひとときだったりするのですが、一番最後に一人の若いサーファーの顔が映ります。
 その挑むような目つきのいかつい顔の若者こそ、本作監督ジョン・ミリアスその人です。
 南カリフォルニア、マリブ育ちの彼は、生粋のサーファーとして青春時代を過ごしており、本作はその頃の体験が下敷きになっているとのことなので、この若き日のポートレイトは、「ビッグ・ウェンズディ」が彼の半自伝的映画であることの意思表明ともとれます。

 青春映画の定石として、若さを持て余して奔放に行動する若者たちを描く一方で、彼らを温かく見守る大人の視線を用意しておくということがあります。
 たとえば、「アメリカン・グラフィティ」で、大学進学を躊躇しているリチャード・ドレイファスに人生の道を示唆するDJウルフマン・ジャック(本人役で出演)であったり、「ダイナー」で、万事休すと思われたミッキー・ロークの借金の肩代わりをする人情味厚いベーグルというおじさんであったり。
 本作における、そういう役回りが、マットたちの尊敬を集める元サーファーでシェイパーのベアーという人物。
 ちなみに、主役のマットのモデルになっているのは、ジョン・ミリアスの一つ年上でマリブの帝王と謳われたサーファー、ランス・カーソンであり、このランスのサーフスタイルに影響を与えたのが、マリブの伝説的サーフショップ「べルジー&ジェイコブス」のシェイパー、デイル・ベルジーとハップ・ジェイコブス。お判りでしょうが、この2人のレジェンド・シェイパーがベアーのモデルであります。
 本作の主要な登場人物の人間関係は、現実とリンクしているというわけですね。
 

 「ビッグ・ウェンズディ」がハリウッド製の薄っぺらいサーフィン映画に陥らなかったのは、ジョン・ミリアスという監督の個性にほかなりません。
 あのいかつい顔からは想像しがたいのですが、本人曰く、かなりのロマンチスト。
 その証拠に、本作は、男と男、そして男と女の「永遠に続かない故に美しい青春」が実に思い入れたっぷりに描かれていて、そんな感傷に浸りたい向きにはたまらない名シーンがてんこ盛りであります。
 そして本作最大の見せ場である、ロングボードの名手を一堂に集めて撮られたサーフシーンがやはり見事で、マットたちが伝説の水曜日の大波に挑むハワイロケのクライマックスは、今でも語り草のド迫力です。

 実はこの場面、15フィート超の大波にテイクオフをするジョン・ミリアスがちゃっかり映っています。
 まさに、ハリウッドきってのサーフ狂、面目躍如のスーパーエキストラでありました。

 いつものように夜7時くらいからスタート。
 お楽しみに。

a0187509_13493541.jpg










[PR]
 GW期間中営業する日とおやすみのおしらせです。

 ●営業する日
 通常日曜祝日はおやすみをいただいておりますが、下記の日営業いたします。
 4/29(土)、5/3(水)~5/5(金)
 ✱ランチサービスはおやすみとなります。

 ●おやすみの日
 まことに勝手ながら、下記のようにおやすみさせていただきます。
 5/7(日)~5/10(水)

 よろしくお願いいたします。

 アルック店主


[PR]
 毎月最終土曜の夜恒例、アルック・プレゼンツ・”アマデュオス”ボサノバ投銭ライブを明日4月29日に開催いたします!
 

 3回ステージ(演目は各回変わります)で、1st・PM7時 2nd・PM8時 3rd・PM9時、それぞれスタート。
 ワンステージだけでも、通しで全部聴かれても、お客様次第でOK。

 元々ノンチャージの当店ですが、ライブの夜も席料はございません。
 ただし、彼らの演奏を聴かれて応援したくなったお客さまのために?、投銭入れをご用意いたしますので、お会計の際チャリ~ンと入れていただければ幸いです。

 いい季節になりました。
 春の心地よい夜風とともに、荻窪のちいさなカフェで、ボサノバ・ギターの調べをごゆるりとお楽しみください。
 

 【お問合せ・ご予約】080・2331・7608(カフェ専用携帯)

[PR]